カロッツェリア、2カメラタイプのドライブレコーダー2機種を発売

パイオニアが2 カメラタイプドライブレコーダー「VREC-DH301D」と「VREC-DZ800DC」の発売を発表。どちらも今人気の前後2カメラタイプで、細部まで鮮明で高画質の映像記録が可能だ。スペックの違いをリリースを元に解説する。

●文/まとめ:月刊自家用車編集部

前後のカメラに高感度センサーを採用「VREC-DH301D」

前後の高画素数カメラ(フロントカメラ:約370 万画素、リアカメラ約200 万画素)に、STARVISTM 技術搭載ソニー製CMOS センサーを採用し、昼夜を問わず鮮明な映像を記録。録画映像や操作画面が見やすい大画面3.0 インチ液晶モニターを搭載しながら、操作ボタンを側面・上部に配置することにより、コンパクトでスッキリしたデザインも実現している。分かりやすくて使いやすい操作ガイド表示や、SD メモリーカードの状態を検知し異常がある場合に知らせる警告機能など、安心・サポート機能も充実している。 

型番:VREC-DH301D
発売時期:7月
価格:オープン(想定実勢価格:2万8000円前後) [写真タップで拡大]

主な特長

 <01>
フロントカメラ(約370万画素)とリアカメラ(約200万画素)を採用し、細部まで鮮明で高画質な映像記録が可能 
<02>
夜間の映像もしっかり記録する高感度録画「ナイトサイト」に対応 。リヤがスモークガラスでも広報映像をしっかりと記録
<03>
録画映像や操作画面が見やすく、操作性にも優れた大画面3.0インチ液晶モニターを搭載 。操作ボタンは側面、上部に配置
<04>
もしもの時の撮り逃しを防ぐ「SDメモリーカードフォーマット警告機能」を搭載。別売りの「SDカード寿命警告機能」
<05>
別売りの駐車監視ユニット「RD-DR001」を組み合わせることで、駐車中に衝撃を検知すると自動録画する「駐車監視機能」が利用可能

新開発の画像認識による後方車両接近検知機能を搭載「VREC-DZ800DC」

前後の高画素数カメラ(各約200万画素)にSTARVISTM技術搭載ソニー製CMOSセンサーを採用するとともに、夜間でも高感度・高画質に記録できる「ナイトサイト」に対応。昼夜を問わず鮮明な映像を記録が可能だ。また24時間365日マイカーを監視可能な「駐車監視機能(セキュリティモード)」や、後方からのあおり運転検知や急ブレーキの制動検知などを行う「危険運転検知機能」など多彩な安心・安全機能を搭載しており、万が一の時にも安心だ。

型番:VREC-DZ800DC 
発売時期:6月
価格:オープン(想定実勢価格:3万4000円前後) [写真タップで拡大]

主な特長

<01>
夜間の風景や駐車監視中の暗闇でも鮮明に記録する高感度録画「ナイトサイト」に対応。  万が一の際にもナンバープレートの文字や周囲の状況をはっきり記録
<02>
24時間365日監視できる「駐車監視機能(セキュリティモード)」を搭載 、次回乗車時に本体の画面表示と警告音でお知らせしてくれる
<03>
後方からのあおり運転を検知するとドライバーへ通知する「後方車両接近検知機能」を搭載。未然にトラブルを回避することが可能
<04>
専用アプリを入れたスマートフォンがあれば、本体を操作しなくても映像確認や設定が可能(すべての本体操作ができるわけではありません)
<05>
直接フロントガラスに取付可能な一体型形状とL型端子により広い視野を確保。吊り下げ形状より広い視界を確保することを可能


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報