BMW 新型M3ツーリング、遂に正式発表。510馬力、3Lストレート6ターボ搭載

BMW M社は現地時間の6月22日にBMW「M3ツーリング」を発表した。シリーズ初のステーションワゴンモデルとなり、3L直列6気筒Mツインパワー・ターボ・テクノロジー搭載のエンジンは最高出力510hp、最大トルク650Nmを発生する。8速Mステップトロニック・トランスミッション、M xDrive全輪駆動システムを搭載したハイパーステーションワゴンだ。

●文:月刊自家用車編集部

0~100 km/h 加速は 3.6 秒で0~200 km/h 加速は12.9 秒のハイパーステーションワゴン

[写真タップで拡大]

3L直列6気筒ターボエンジンは、3つのギアシフトプログラムを備え、8速Mステップトロニック・トランスミッションはステアリングホイールのシフトパドルで操作可能となっている。エンジンのパワーは、M xDrive全輪駆動システムとリア・アクスルのアクティブMディファレンシャルを介して路面に伝達し、必要に応じて4輪にパワーを配分することでトラクションを最適化し、俊敏性と方向安定性を向上させる。0~100 km/h 加速は 3.6 秒で0~200 km/h 加速は12.9 秒となっている。Mドライバーズパッケージを選択すると、電子制御による最高速度が250km/hから280km/hに引き上げられる。

4WDの基本設定に加えて、セットアップメニューで4WDのスポーツモードの選択も可能だ。DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)をオフにすると、純粋な後輪駆動である2WDモードを有効にすることもできる。

エクステリアはM3セダンに準じたM特有のデザインキューを採用。垂直に配置されたフレームレスのBMWキドニーグリル、大型のサイドエアインテーク、力強く彫りの深いホイールアーチ、大きく張り出したサイドスカートは、フロントとリアのエプロン取り付け部とともに、光沢ブラックで車体全体を覆っている。

フロントシートには、メモリー機能およびシートヒーター付きの電動調整式Mスポーツ・シートとメリノレザートリムが標準装備される。オプションで用意されるMカーボンバケットシートは、モータースポーツを感じさせ、運転席と助手席に装備。シート・クッションとバックレストの構造要素にカーボン繊維強化プラスチック(CFRP)を使用し、サイド・ボルスターとヘッドレストの下に切り込みを入れることで、標準のMスポーツシートと比較して9.6kgの軽量化が図られている。

新型M3ツーリングは6月に開催されるグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでワールドプレミアされる予定で、2022年11月に生産開始。ドイツ本国では2022年9月から受注が開始される。BMW M3ツーリングは、BMW M3セダンとともにBMWグループ・ミュンヘン工場で生産される予定だ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報