伝説のアルピーヌA110にインスパイアされた「ツール・ド・コルス75」登場。限定150台

アルピーヌA110「ツール・ド・コルス75」

1975年のツール・ド・コルスで、伝説のNo.7ベルリネットのカラーをまとったアルピーヌA110。アルピーヌ・ブランドにとって伝説的なこのレースを記念して、伝説のアルピーヌA110にインスパイアされた限定車が登場する。フランス現地時間6月17日午前9時より、フランス国内のアルピーヌ・アプリにおいて付加価値税込み80,000ユーロ(日本円で約1118万円・6月16日時点為替レート)、限定150台で販売される。

●文:月刊自家用車編集部

俊敏性とパフォーマンスを両立したシャシーと300hpのエンジン

アルピーヌA110「ツール・ド・コルス75」 [写真タップで拡大]

1956年に始まったツール・ド・コルスは、モータースポーツ、特にラリーにおいて最も象徴的なイベントの一つ。1967年にフランスラリー選手権の一部となり、1973年には世界ラリー選手権のフランスラウンドの目玉となったレースだ。2年後となる1975年のツール・ド・コルスは、77台が出走し、完走は22台という厳しいレースとなった。

[写真タップで拡大]

この時に参戦したA110がランチア・ストラトスHFと優勝争いとなり、最終スペシャルステージで決着。A110は最終セクター手前で5秒から30秒の差をつけられたが、この最終戦では両者とも同タイムをマークし、アルピーヌは表彰台の最上段に32秒差まで迫ったが2位でフィニッシュ。この時参戦した車両をモチーフに登場したのが、この限定車、アルピーヌA110「ツール・ド・コルス75」だ。

アルピーヌA110「ツール・ド・コルス75」 [写真タップで拡大]

ラリー用に開発されたアルピーヌA110「ツール・ド・コルス75」は、俊敏性とパフォーマンスを両立したシャシーと300hpのエンジンを搭載し、伝説のNo.7ベルリネットのカラーをイメージした、イエローのボディカラーにディープブラックのボンネットやルーフを採用。フロント左フェンダーには、「ツール・ド・コルス75」のサインが入り、ドアにはアイコニックなモチーフ、ボンネットにはホワイトボーダー、リアには当時のベルリネットラリーカーにちなんでナンバー「7」がさりげなく刻印されている。

アルピーヌA110「ツール・ド・コルス75」 [写真タップで拡大]

インテリアには、サベルトレーシングのバケットシートがセットされ、ツール・ド・コルス75の刺繍が入り、競技用ハーネスを装着することも可能だ。さらにエクステリアには、18インチグロスホワイトのグランプリホイールとオレンジのブレンボブレーキキャリパーを装着。アルピーヌA110「ツール・ド・コルス75」ならではの演出が施されている。

1975年のツール・ド・コルス参戦。伝説のNo.7 [写真タップで拡大]

アルピーヌA110「ツール・ド・コルス75」 [写真タップで拡大]

アルピーヌA110「ツール・ド・コルス75」は、わずか150台。日本での販売は不明だが、1~150のナンバープレートがセンターアームレスト下に貼られる。この限定モデルには、AndroidAutoおよびApple Carplay接続機能を備えた新しいアルパイン・マルチメディア・システムも搭載する。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報