スズキが「ワゴンR」、「ワゴンR スティングレー」を一部仕様変更。新たに専用外観の「ワゴンR カスタムZ」が新登場

スズキ株式会社は8月2日に、軽乗用車の「ワゴンR」、「ワゴンR スティングレー」、福祉車両ウィズシリーズ「ワゴンR 昇降シート車」の一部仕様変更を発表した。また同時に「ワゴンR カスタムZ」、「ワゴンR カスタムZ 昇降シート車」を新設定し、8月30日から発売する。車両本体価格は121万7700円〜181万1700円。

●文:月刊自家用車編集部

専用意匠のエクステリアを採用し、精悍なデザインの「ワゴンR カスタムZ」

ワゴンRカスタムZ HYBRID ZT [写真タップで拡大]

ワゴンRカスタムZ HYBRID ZT [写真タップで拡大]

今回の一部仕様変更で、エクステリアに専用意匠のヘッドランプ、フロントグリル、フロントバンパーを採用し、精悍なデザインとした「ワゴンR カスタムZ」を新設定した。インテリアもブラックを基調とした内装を採用。インパネカラーパネルやフロントドアアームレストに専用のブラウンメタリックの加飾をプラスして、力強さと上質さを表現している。

ワゴンRカスタムZ HYBRID ZT [写真タップで拡大]

「ワゴンR カスタムZ」には、自然吸気エンジンのほか、ターボエンジン搭載車を設定。15インチアルミホイールやメッキドアハンドル、プレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)、IRカット機能付フロントガラス、リモート格納ミラー、メッキインサイドドアハンドル、本革巻ステアリングホイールなどをセットにしたアップグレードパッケージを6万6000円で設定している。

アダプティブクルーズコントロール【全車速追従機能付】 [写真タップで拡大]

さらに、その他標準車も改良が行われ、夜間の歩行者も検知するデュアルカメラブレーキサポートを全車に標準装備としたほか、フロントシートSRSサイドエアバッグ、SRSカーテンエアバッグ、全車速追従機能付きのアダプティブクルーズコントロール(ACC)、及び車線逸脱抑制機能を「ワゴンR FX」、「ワゴンR 昇降シート車」、「ワゴンR カスタムZ 昇降シート車」を除き標準装備とした。

7インチディスプレイオーディオ/スズキコネクト(イメージ) [写真タップで拡大]

「スズキコネクト」対応の全方位モニター付ディスプレイオーディオもメーカーオプションとして「ワゴンR FX」、「ワゴンR 昇降シート車」、「ワゴンR カスタムZ 昇降シート車」を除き設定され、オートエアコン、キーレスプッシュスタートシステム、運転席シートヒーターを全車に標準装備とし、USB電源ソケット(Type-A/Type-C)も「ワゴンR FX」を除き標準装備となった。

ワゴンR HYBRID FX-S [写真タップで拡大]

ボディカラーラインアップ(ワゴンR) [写真タップで拡大]

ボディカラーラインアップ(ワゴンRカスタムZ) [写真タップで拡大]

ボディカラーラインアップ(ワゴンRスティングレー) [写真タップで拡大]

そのほか改良ポイントとして、「ワゴンR」のフロントグリル、フロントバンパーのデザイン変更が行われ、ボディカラーについては、ワゴンRは新色のフォギーブルーパールメタリック、新設定のテラコッタピンクメタリック、ダスクブルーメタリックなどを採用し、全10色のラインアップとなった。「ワゴンR スティングレー」、「ワゴンR カスタムZ」にデニムブルーメタリックを新設定し、「ワゴンR スティングレー」は全6色、「ワゴンR カスタムZ」は全8色のラインアップに変更されている。

■ワゴンRバリエーション&価格

[写真タップで拡大]

■ワゴンRスティングレーバリエーション&価格

[写真タップで拡大]

■ワゴンRカスタムZバリエーション&価格

[写真タップで拡大]

■ワゴンR福祉車両ウィズシリーズ(消費税非課税)

[写真タップで拡大]

■メーカーオプション(昇降シート車は消費税非課税)

[写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報