連携モデルならではの快適コントロール、ストラーダナビの高画質大画面で再生可能【panasonic CA-DR03HTD】

panasonic CA-DR03HTD
価格:オープン

●文/写真:浜先秀彰 ●まとめ:月刊自家用車編集部

ナビ画面でドラレコ機能が呼び出せる

HDディスプレイを搭載した最新ストラーダ専用の連携型ドライブレコーダー。センターコンソール脇などに装着できるスリムな本体に、コンパクトなフロントカメラ、リヤカメラを組み合わせている。

前後カメラ

フロントカメラはルームミラー裏のスペースに収まる小型サイズ。角度調整も可能だ。 [写真タップで拡大]

リヤカメラはフロントカメラと同じ形状。色付きガラスの影響を受けず明るく撮影できる。 [写真タップで拡大]

最大の特徴は高精細なHDディスプレイに合わせた映像出力が行えることで、ストラーダ最上級の「F1X PREMIUM10 CN-F1X10BHD」と接続すれば10型有機ELディスプレイの高画質大画面で記録映像の再生が可能となる。記録解像度は前後カメラともフルHD画質で、高感度CMOSセンサー、F1.4の明るいレンズ、明暗差を自動補正するHDRで夜間も鮮明な撮影が行える。しかもGPSデータを基に撮影場所の地図や速度グラフを表示でき、Gセンサーデータを基に加速度グラフも表示。

記録場所の地図を映像とともに表示

機能設定についてはナビのメニュー内から行え、内蔵機能のような快適な使い心地を実現。好みの項目にタッチするだけで設定作業が行える。

ナビのメインメニューからドライブレコーダー機能を呼び出せる。使い勝手がとてもいい。 [写真タップで拡大]

駐車中に振動を検知すると自動的に録画を開始し、次回起動時にメッセージが現れる。 [写真タップで拡大]

このほか駐車中に振動を検知して作動する「駐車録画」、走行中に任意に後方映像を見られる「ワンタッチ後方ビュー」、シフトレバーを「R」レンジに入れるとガイドライン付きの車両後方映像に切り替わる「リバース後方ビュー」などの便利な機能を備えている。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報