メルセデス・ベンツが小型ミニバン「Tクラス」用キャンピングキットのマルコポーロ・モジュールを公開

メルセデス・ベンツ「Tクラス」マルコポーロ・モジュール

ドイツ現地時間8月25日、メルセデス・ベンツはデュッセルドルフで開催されたキャラバンサロンにて、キャンピングキットであるマルコポーロ・モジュールを搭載した小型ミニバン「Tクラス」を公開した。

●文:月刊自家用車編集部

ベッドユニットを標準装備し、オプションでキッチンも追加可能

メルセデス・ベンツ「Tクラス」マルコポーロ・モジュール [写真タップで拡大]

小型ミニバン「Tクラス」は、2022年4月にドイツ本国でワールドプレミアした両側スライドドアを採用する小型ミニバンだ。5人乗りの全長4498mm、全幅1859mm、全高1811mmというボディサイズの標準ボディのほか、今後は3列7人乗りのロングホイールベース仕様も追加される予定となっている。

メルセデス・ベンツ「Tクラス」マルコポーロ・モジュール [写真タップで拡大]

搭載されるパワートレーンは、最高出力102hp/最大トルク200Nmの1.3L直4ガソリンと最高出力131hp/最大トルク240Nmの1.3L直4ガソリン、最高出力95hp/最大トルク260Nmの1.5L直4ディーゼルと最高出力116hp/最大トルク270Nmの1.5L直4ディーゼルと4タイプをラインナップし、トランスミッションは6速マニュアルに加えて、7速デュアルクラッチトランスミッション(DCT)を用意している。

メルセデス・ベンツ「Tクラス」マルコポーロ・モジュール [写真タップで拡大]

今回公開されたマルコポーロ・モジュールは、ベッドユニットを標準装備し、オプションでリアにキッチンユニットを取り付けることができ、2022年末からメルセデス・ベンツの直営店およびディーラーで提供される予定となっている。

メルセデス・ベンツ「Tクラス」マルコポーロ・モジュール [写真タップで拡大]

標準装備のベッドユニットは、2m×1.15mの寝室スペースを確保し、2名分のスペースが用意される。厚さ10cmの極厚マットレスを採用し、使用時には、ベッドフレームを前方に引き出し、マットレスを折りたたむことができる。走行中は、マットレスを折りたたんだフレームをトランクに収納。リアシートはそのまま使用することができる。

メルセデス・ベンツ「Tクラス」マルコポーロ・モジュール [写真タップで拡大]

さらに、すべての窓ガラスにブラックアウト・エレメントを装備し、ガラスとフレームの間に防虫網を組み込んだベンチレーション・グリルを標準装備するなど、高いレベルの快適性を確保している。

メルセデス・ベンツ「Tクラス」マルコポーロ・モジュール [写真タップで拡大]

オプションのキッチンユニットは、プッシュトゥーオープン&ソフトクローズ機構を採用した引き出しをベースとし、12Lの水タンクを備えたシンク、15Lの冷蔵庫、必要に応じて簡単に取り外せるガスカートリッジ式クッカーなどを装備する。引き出しには、カトラリーや食器、食材を収納できるスペースがあり、2脚のキャンピングチェアとテーブルも搭載している。このテーブルは2種類の足が付属しており、屋外での使用はもちろん、新型Tクラスのセンターコンソールの後ろに設置することも可能だ。

このマルコポーロ・モジュールは、2人で作業する必要があるが、数ステップで脱着することができるという。普段使いの車からマイクロキャンパーへの切り替えは、わずか数分で完了とのこと。さらにモジュール全体がスタイリッシュでクリーンなデザインとアンスラサイトの色で統一されており、メルセデス・ベンツのスモールバンの上質なインテリアにシームレスに溶け込む仕上がりとなっている。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報