レクサスが「レクサスプレミアムオイル SP 0W-20」を発売。LEXUSの走りを深化させる独自開発エンジンオイル

レクサスプレミアムオイル SP 0W-20

レクサスは、新エンジンオイル「レクサスプレミアムオイル SP 0W-20」を開発し、全国のレクサス販売店を通じて、2022年9月1日より発売した。メーカー希望小売価格(消費税抜き)は、48,000円(20L缶)。

●文:月刊自家用車編集部

粘度特性に優れた高性能基油と部品間の摩擦を大幅に低減する添加剤を採用し、ドライバーの感覚に沿ったエンジンレスポンスを実現

今回発売された新エンジンオイルは、LEXUSならではの走り「Lexus Driving Signature」を深化させることを目指して開発されたという。

粘度特性に優れた高性能基油と部品間の摩擦を大幅に低減する添加剤を採用し、特に常温(25℃)では、一般的なSP 0W-20のオイルに比べ40%以上、従来のレクサスプレミアムオイル SN 0W-20との比較でも23%の温度変化に対する粘度変化の低減を達成したとのこと。

これらによって、発進時の滑らかな加速や、低速から高速へ加速していくアクセルの踏み込み時には、ドライバーの感覚に沿ったエンジンレスポンスを実現し、エンジンのスムーズな回転を実現することで、一般道での緩い加速から高速道路合流時の強い加速時などに起きる高周波のエンジン音成分を抑制。心地よい音色を引き立たせ、快適な運転空間の提供に寄与するという。

さらに、新エンジンオイルは滑らかなエンジン動作を実現し、エンジンから伝わる必要以上の振動を抑制。ドライバーがよりクルマの運転に集中できるようになり、ドライブの楽しさがより一層引き立てられるとしている。

Lexus International TAKUMI 伊藤 好章氏(車両評価担当)は、「クルマの血液ともいえるオイルの性能は、LEXUSならではの走りの味を支える重要な役割を担います。本オイルを注入した車両の評価では、エンジン始動時の滑らかさ、エンジン回転が上がった時のノイズや振動の少なさ等、LEXUSの原点でもある静粛性や乗心地がさらに高められています。このエンジンオイルによって、LEXUSが目指す走りの味をより明確にご体感頂け、お客様がクルマと過ごされる時間が、今まで以上に楽しいものになっていくものと確信しています」とコメントしている。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報