約100kgの軽量化、40馬力の出力向上した究極のBMW Mモデル「BMW M4 CSL」の注文受付開始。日本向けは25台限定

BMW M4 CSL

ビー・エム・ダブリュー株式会社は、9月2日に全世界1,000台限定で生産される究極のBMW Mモデル「BMW M4 CSL(エムフォー・シーエスエル)」の注文の受付を、BMWオンライン・ストア(https://online-store.bmw.co.jp/)限定で、2022年9月26日午後11:59まで実施することを発表した。日本向けは25台限定で、注文数が上回った場合は抽選となる。抽選は、本年10月初旬までに行われ、当選者を決定。納車開始は、2022年第4四半期以降を予定している。車両本体価格は2196万円。

●文:月刊自家用車編集部

約100kgの軽量化、40馬力の出力向上を実現し、ニュルブルクリンク北コースでBMW量産車最速7分20秒207のラップタイムを実現

[写真タップで拡大]

BMW M社が開発する高性能マシンMモデルには、2つのカテゴリーがあり、1つはサーキットでの走行を可能としたMハイ・パフォーマンス・モデル、もう1つはサーキットで培われた技術を余すことなく取り入れ走行性能を高めたMパフォーマンス・モデルだ。今回登場した「BMW M4 CSL」は、Mハイ・パフォーマンス・モデルに位置づけられる。

[写真タップで拡大]

ベースとなったのはBMW M4 Competition(RWDモデル)で、ボンネット、トランク・リッドにCFRP(炭素繊維強化プラスチック)を採用し、さらに、キドニーグリル、エアインレット、ドアミラー・キャップ、ディフューザー等にもCFRPを採用することで、存在感を高めながら約100㎏の軽量化を実現している。

[写真タップで拡大]

さらに、イエローのデイ・ライトを備えたレーザーライト、レーザーテクノロジーを採用したリアコンビネーションランプが装備され、トランクリッドなどのモデルバッジはブラックをベースにレッドアクセントを与えて特別感を演出している。

[写真タップで拡大]

インテリアでは、レーシングシーンを彷彿させるデザインとし、センターマーク付きのMアルカンターラステアリング、Mカーボンファイバートリム、専用CFRP製センター・コンソール等を採用した。レースシーンでの使用を考慮して、6点式シートベルトに対応し、ヘルメット使用時でもヘッドレストが邪魔にならないよう工夫が施されている。さらに、軽量化のためにリアシートは省略され、替わりにヘルメットなどの収納スペースとしている。

[写真タップで拡大]

約100㎏の軽量化とともに、BMW量産車最速のニュルブルクリンク北コース(20,832km)で7分20秒207というラップタイムを達成した原動力は、エンジンとシャシーの強化だ。BMW M4に搭載されるエンジンをベースに、1.7barから2.1barにブーストアップして、BMW M4 Competitionに比べ出力を40PS向上し550PSをとし、さらに、前述の軽量化によって0-100km/h加速は3.7秒を実現している。

[写真タップで拡大]

シャシーは、BMW M4 Competitionをベースに、路面追従性、キャンバー強度、ダンパーのレスポンスを向上させるため、ボールジョイント箇所を4ヵ所増加し、14ヵ所とした。さらにBMW M4 CSL専用サスペンション、専用スタビライザー、レッド・ハイグロスのMカーボン・セラミック・ブレーキを標準装備することで、サーキットにおける究極のドライビング性能を発揮するという。

■BMW M4 CSL車両本体価格
2196万円

■BMW M4 CSL主要諸元
全長4805mm、全幅1920mm、全高1385mm、ホイールベース2855mm、車両重量1630kg、車両総重量1740kg、エンジン排気量2992cc、直列6気筒ガソリン・エンジン、最高出力550PS(405kW)/6250rpm、最大トルク650Nm/2750rpm-5950rpm


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報