最新の取り締まりに対応! 安全・安心ドライブを実現するレーザー&レーダー探知機5選

さまざまなカーグッズの中から今回は4つの人気ジャンルを選んでオススメのアイテムを紹介。まず第一弾はレーザー&レーダー探知機をピックアップ。秋のドライブシーズンに合わせて手に入れてみては?

●文/写真:浜先秀彰 ●まとめ:月刊自家用車編集部

無線LANで内蔵データを自動更新、フルスペック搭載のユピテル史上最強モデル

Yupiteru LS2000
実勢価格:4万7000円前後

自由に角度調整ができるボールジョイントブラケットが付属。別の場所にも装着OK。 [写真タップで拡大]

6月にリリースされたばかりの最新、最上級モデル。3.6インチの大型タッチパネルディスプレイを搭載した本体に、コンパクトなアンテナをセットした2ピーススタイル。セパレート型のため取り付けの自由度が高く、本体は好みの場所に設置できる。

微弱なレーザー光に対応する専用高利得アンプICを搭載することで、レーザー探知性能は同社の第3世代モデルに比べて一段と向上。探知範囲は水平約60°を達成し、業界最高クラスとしている。

また、無線LAN機能を標準搭載しており、スマホなどを用いて公開取締り情報、オービスデータ、天気データなどを自動的に更新することが可能だ(有料会員登録が必要)。

警報、案内データは付属のマイクロSDカードに収録。本体側面にはスロットを備える。 [写真タップで拡大]

静電式タッチパネルで各種の設定操作が行える。使い勝手の良い直感コントロールが可能。 [写真タップで拡大]

アンテナはダッシュボード上に置くか、付属の専用ステーで天井付近に宙吊りができる。 [写真タップで拡大]

「ity.クラブ(有料)」に登録し、スマホなどを接続すれば収録データを自動更新できる。 [写真タップで拡大]

オプションのOBDⅡアダプターを接続すれば車両コンピューターから情報を取得して表示。 [写真タップで拡大]

3.6インチの大型ディスプレイと高輝度LEDインジケーターによって警報を行う。 [写真タップで拡大]

<#02>”霧島レイ”の世界が広がる

[写真タップで拡大]

Yupiteru Lei05
実勢価格:5万5000円 ※メーカー直販サイト


美少女キャラ「霧島レイ」がさまざまな警告や案内を行い、音声認識機能によってユーザーと会話までできる。ゲームで親密度を高めたり、コスチュームを変えられる楽しみも。

<#03>従来比2倍のレーザー受信性能を達成

[写真タップで拡大]

CELLSTAR AR-33
実勢価格:3万3000円前後


3.2インチ画面搭載の本体にレーザー受信機を組み合わせたセパレート型。レーザー受信には独自のフレデリックスレンズを採用し、従来比2倍のレーザー受信性能を実現する。

<#04>3.7インチ大画面で警報が見やすい

[写真タップで拡大]

CELLSTAR AR-W87LA
実勢価格:3万6000円前後


スタイリッシュボディに3.7インチタッチパネル画面を搭載し、データ更新を手軽にできる無線LAN機能も備える。誤警報を抑えるとともに従来比2倍のレーザー受信性能も持つ。

<#05>ワンボディでシンプル! 使いやすいスタンダードタイプ

[写真タップで拡大]

BLITZ TL311R
実勢価格:2万9000円前後


シンプルなスタイルのワンボディ機で、操作性に優れた3.1インチタッチパネル画面を搭載。広範囲なレーザー受信を可能とし、場所が頻繁に変わる移動小型オービスにも対応。

※価格は編集部調べ


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報