SUBARU「レガシィ アウトバック」一部改良モデルを発表、ライティングスイッチの操作性を見直す

レガシィ アウトバック Limited EX

SUBARUは、本日2022年9月8日(木)に「レガシィ アウトバック」の一部改良モデルを発表した。

●文:月刊自家用車編集部

SUBARUのフラッグシップクロスオーバーSUVの一部を改良

レガシィ アウトバックは1995 年に北米市場で誕生以来、乗用車とSUVの長所を融合させたクロスオーバーSUVとして歴史を積み重ねてきたモデルだ。歴代モデルを通じ、どこまでも走り続けられるような安心感と快適性、荷物を効率的に積める積載性、質感の高い内装など、クルマとしての本質的価値を磨き続けてきた。そうすることで、乗る人の生活をさらに豊かなものにするパートナーとして信頼を築き上げ、SUBARUのフラッグシップクロスオーバーSUVとして、唯一無二のキャラクターを確立している。

現行モデルでは、「知的好奇心を刺激し、新たな発見を促すクロスオーバー」というコンセプトのもと、歴代モデルが培ってきた価値に最新の技術を組み合わせ、さらなる進化を遂げている。今回の一部改良モデルでは、ライティングスイッチの操作性を見直し、「車幅灯/尾灯&OFF」を1ポジションから、「車幅灯/尾灯」と「OFF」の2ポジションに変更し、操作性を向上させている。

価格

X-BREAK EX:414万7000円
Limited EX:429万円


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報