日産がフェアレディZをベースとしたカスタマー向けのレース車両「Nissan Z GT4」を発表

日産自動車と日産モータースポーツ&カスタマイズは「Nissan Z」(日本名:フェアレディZ)をベースとしたカスタマー向けのレース車両「Nissan Z GT4」を発表した。仕様等の詳細は、11月1日~4日にアメリカで開催される2022 SEMAショーで明らかになる。なお、車両の供給は2023年シーズンから開始する予定。

●文:月刊自家用車編集部

フェアレディZをベースにした、レーシング仕様

[写真タップで拡大]

「GT4」は、市販車をベースに開発したレース車両で行われるレースのカテゴリーのことを指し、世界中の多くのスポーツカーメーカーが車両供給を行っている。NMCのNISMO Racing事業部が開発した「Nissan Z GT4」は、ベースとなるNissan Zの素性の良さを活かし、走行性能、安全性、耐久性、操作性のバランスを高次元で実現させた。また、今年の6月に開催された「富士24時間レース」にテスト参戦した車両をベースに改良を重ね、プロドライバーからジェントルマンドライバーまで、幅広いレベルのドライバーが、総合的に満足できるパフォーマンスを実現している。

開発のポイント

  • ベースのVR30DDTT型エンジンの素性の良さを活かしたエンジンチューニング
  • レース用に最適化したシャシーとサスペンション
  • レギュレーションの範囲内で最大限の性能向上を図った空力性能
  • 居住性、操作性を最適化したコクピット

日産のCOOであるアシュワニ・グプタは、Nissan Z GT4についてこう語っている。

「日産にとってモータースポーツとは、私たちの飽くなき情熱と比類なき専門性を表現するものです。そして、『Z』はダイナミックなドライビングとパワートレインでドライバーを魅了するエキサイティングなスポーツカーとしての地位を維持し続けています。このGT4カテゴリーに対応する『Z』が、50年以上にわたる日産『Z』の速さの伝説に、新たな一章を刻むことになると確信しています」

仕様等の詳細は、アメリカで開催される2022 SEMAショー(11月1日~4日)で発表となる予定だ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報