まるも亜希子の「家族のクルマ選び!」明るいキャビンは家族のお出かけにもぴったり!【スズキ アルトラパン】

スズキのベーシックモデル「アルト」をベースにしながら、オシャレで可愛い専用の内外装をまとうことで魅力を高めているのが、今回注目するラパンです。フランス語でウサギを意味するだけに、どこから見ても愛らしさ満点。ウインドウエリアも大きく、明るいキャビンは家族のお出かけにもぴったり。ミニマムサイズながら機能性も抜群ですよ。

●文:まるも亜希子 ●写真:澤田和久 ●まとめ:月刊自家用車編集部

市街地メインで乗ることが多い家族におすすめ

デザインの元になったのは2代目 フロンテ
ラパンLCの名前は、1967年に登場した2代目フロンテ360の型式(LC10型)に因んだもの。クラシカルでオシャレ! [写真タップで拡大]

今や少数派のセダンタイプの軽ですが、自宅周辺の道や車庫が狭い場合や、運転にあまり自信がなくても扱いやすいのが特徴です。とくにラパンは、フランス語でウサギを意味する名前のとおり、内外装のあちこちに隠れウサギのデザインが施されていたり、シンプルながらオシャレな色使いや素材のインテリアがマイルーム感を演出する、独特の雰囲気が人気。そのラパンにちょっと大人っぽく、懐かしさと上品さをまとった新たなデザインとして登場したのが、今回ご紹介するラパンLCです。

可愛すぎずシックなカラーやデザインは男性にも似合うので、平日はママと子どもが乗り、休日はパパが運転という使い方にもピッタリ。エンジンのスタートボタンを押すと、メーターにとても可愛いウサギのアニメーションが流れ、アイドリングストップの合図や一時停止の場所を教えてくれるなど、見ているだけで楽しい気分になってきます。全モデルにUSBの電源ポートが装備され使い勝手を高めたほか、「X」には360度UVカットガラスも加わりました。

走りでは、直線基調のボディラインで車幅感覚がつかみやすく、4,4mと小回り性能も抜群。また、トランスミッションが従来の副変速機付きのジヤトコ製から、アイシン製のCVTに変更されたことで加速フィールの軽やかさと滑らかさに磨きがかかった感じがします。夜間の歩行者も検知するデュアルカメラブレーキサポートをはじめ、先進の安全運転支援システムが全車標準装備で、安心感も高いラパンLX。市街地をメインで乗ることが多いファミリーにとくにおすすめのモデルです。

アルトラパンはここがいいね!

[写真タップで拡大]

コロンとした丸いモチーフがオリジナリティを主張。レトロ可愛いデザインです! [写真タップで拡大]

前席ベンチシートでインパネシフトだから、運転席から助手席への移動もしやすくて◎ [写真タップで拡大]

メーターも丸型。ウサギのアニメ―ションと音声でさまざまな情報を教えてくれます。 [写真タップで拡大]

USB充電ポート2口を標準装備。快適性を高めてくれる前席シートヒーターも魅力的。 [写真タップで拡大]

あちこちにウサギが隠れているのも楽しいところ。天井のこんなところにも発見! [写真タップで拡大]

引き出し型のダッシュボード収納とカップホルダーはたっぷりしていて使い勝手も良好。 [写真タップで拡大]

助手席シートバックのショッピングフックは耐荷重4㎏。少し重めのバッグでもOKです。 [写真タップで拡大]

チェックと合皮のコンビシートがカジュアルかつ上質。前席アームレストも装備しています。 [写真タップで拡大]

気になる乗り心地と収納をチェック

ウインドウエリアが広くとても明るい車内。水平基調のシンプルなインテリアにベージュとブラウンの組み合わせで居心地のいい空間を演出。 [写真タップで拡大]

フラットなソファのようなシートが特徴的。クッションも良く効いていて座り心地も良好です [写真タップで拡大]

後席は5:5で分割可倒できるタイプ。シートを格納すればフラットな床面になる点も嬉しいですね。バックドアの開閉も軽くて楽々! [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報