カタールW杯開幕ゴールを決めたエクアドル代表エネル・バレンシア選手は子煩悩なパパだった

FIFA World Cup カタール大会 グループA カタール対エクアドル戦で、開幕戦となったこの試合で見事2ゴールを決めたのは、フェネルバフチェSKに所属するエネル・バレンシア選手だった。※画像はFIFAのYouTubeチャンネルより引用

●文:月刊自家用車編集部

開幕戦で2ゴール!

エネル・バレンシア選手は1989年11月4日生まれの33歳。プレミアリーグの名門ウエストハムやエバートンをはじめ、クラブW杯の常連でもあるメキシコのパチューカなどでもプレーした経験のある選手だ。そんなベテランが、世界が注目する開幕戦で2ゴールをマーク。

最新システムであるAIを使ったオフサイドの判定で得点は取り消されてしまったが、よもやハットトリックもあり得たのではという活躍ぶりは、世界中のファンの記憶に刻まれた。

そんなエネル・バレンシア選手は、家族と楽しく過ごす日常の様子を、自身のインスタグラムで度々アップしている。

2歳になる息子さんのお気に入りはカーズのようで、早くも車好きの片鱗がうかがえる。

エクアドル代表はこの後のグループリーグで、オランダ、セネガルと対戦する予定。いずれの試合でもエネル・バレンシア選手の活躍を期待したい。

引用:FIFA YouTube チャンネル
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報