キャンプや車中泊などアウトドアで大活躍! クルマのアクセサリーソケットからも充電できる便利なポータブル電源

ケンウッド
BN-RK600
価格:オープン(実勢価格:7万4800円前後)

ここ数年で急激に人気の高まっているアイテムがポータブル電源だ。あらかじめ充電をしておけばどこでも電気製品を使用できるので、キャンプなどのアウトドア時や災害時の停電時などで活躍するため、重要が増えている。

●文/写真:浜先秀彰 ●まとめ:月刊自家用車編集部

電池残量がわかり使いやすい

「ケンウッド BNK-RK600-B」は同社が“多目的用途万能型”と位置付けているもので626Whの容量を持つポータブル電源。前面には家庭用の100Vコンセントが2口、USB端子が3口(いずれもタイプA)、自動車用アクセサリーソケットが1口設けられ、身のまわりの電気製品を接続できる(出力500W)。冬場に車内では電気毛布やポータブル冷温庫などを使うのに便利で、もちろんキャンプやアウトドアでも活用できる。災害時の停電にも便利だ。

使い勝手がとてもよく、使いたい接続口の上のスイッチを押すだけで利用できる。電池残量は数値でわかりやすく表示。充電は家庭用コンセントだけでなく車両のアクセサリーソケットからもできるのでドライブ中の充電もOKだ。

使用方法は簡単

バックライト付きの液晶表示が装備されており、入出力の状況やバッテリー残量がわかる。 [写真タップで拡大]

使用したい接続口の上のスイッチを押すと出力電源がONになる。LEDランプも点灯する。 [写真タップで拡大]

家でもクルマでも充電できる

家庭用とクルマ用の2種類の電源ケーブル、ソフトタイプのキャリングケースを付属。 [写真タップで拡大]

クルマのアクセサリーソケットからも充電ができる。このようにケーブルを接続する。 [写真タップで拡大]

アウトドアなどでも役立つ

キャンプなどのレジャーでも利用できる場面が多い。手元にあれば災害時にも心強い。 [写真タップで拡大]

上部に折りたたみ式キャリングハンドルを装備するため持ち運びやすい。重量は6.5kg。 [写真タップで拡大]

さまざまな機器に対応する

コンセントは家庭用と同じ正弦波で家電品を安心して使える。電気毛布は約8時間利用可。 [写真タップで拡大]

USB対応機器を一度に3台まで接続ができる。スマホやタブレットなどモバイル機器に活用。 [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

クルマ用の機器が接続できるDC12Vソケット。車外でポータブル型ナビを使うのに便利だ。

コンパクトサイズもラインナップ

[写真タップで拡大]

JVC BN-RB37
価格:オープン(実勢価格:4万5000円前後)

375Whの容量を持つコンパクトモデル。前面に家庭用の100Vコンセントを1口、USB端子を2口(いずれもタイプA)、自動車用アクセサリーソケットを1口備えている。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報