SUBARU「ソルテラ」がユーロNCAPの2022年安全性能テストで最高評価「ファイブスター」を獲得、昨年に続き10度目

SUBARUの人気BEV「ソルテラ」(欧州仕様車)が、ユーロ NCAPの2022年安全性能テストで、最高評価である「ファイブスター」を獲得。SUBARUがユーロ NCAPで「ファイブスター」を獲得するのは、2021年のアウトバックに続いて10度目となる。

●文:月刊自家用車編集部

子供乗員保護項目の衝突試験において最高得点を獲得

ユーロ NCAP 2022年安全性能テストファイブスターロゴ [写真タップで拡大]

2022年安全性能テストでは、「成人乗員保護」「子供乗員保護」「歩行者および自転車保護」「安全運転支援」の4項目において安全性能が評価され、「ソルテラ」は全項目で「ファイブスター」認定の要件となる基準点を上回る点数を獲得。中でも、子供乗員保護項目の前面衝突試験と側面衝突試験において最高得点を獲得した。

「ソルテラ」は、BEV専用プラットフォームとしてトヨタと共同開発したe-SUBARU GLOBALPLATFORMを採用。衝突時の衝撃をボディ全体で分散・吸収するマルチロードパス構造により、乗員の安全性を確保している。

また、安全運転支援項目における衝突被害軽減制動制御(AEB)の対車両試験や歩行者および自転車保護項目における対自転車試験においても高得点を獲得。今回の様々な道路状況を再現したテストにおいても、「ソルテラ」に搭載されている予防安全システム「SUBARU Safety Sense」の衝突回避性能が確認された形だ。

SUBARUは「安心と愉しさ」を支える重要な要素である安全性能を総合安全の考え方のもとに今後も進化させ、2030年死亡交通事故ゼロを目指している。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報