Hyundaiと伝説のデザイナーのジョルジェット・ジウジアーロがコラボレーション! 1974年の初代ポニークーペコンセプトを再現

 Hyundai Motor Companyは本日、イタリアのデザイン会社GFG Style、特に創業者のジョルジェットとファブリツィオのジウジアーロ父子と協力して、若きジョルジェットが1974年のトリノモーターショーでHyundaiのデビューのために制作し、大きな影響を与えた1974年のポニークーペコンセプト(Pony Coupe Concept)を復元すると発表した。

●文:月刊自家用車編集部

生まれ変わった初代コンセプトカー、春に初披露

[写真タップで拡大]

 Hyundaiは、ジョルジェットおよびファブリツィオ・ジウジアーロに加え、Hyundai Motor Groupチーフクリエイティブオフィサーのルク・ドンカーヴォルケ、Hyundaiグローバルデザインセンターのデザイン担当副社長のイ・サンヨプが出席したソウルのデザイントークにおいてこの計画を発表した。

[写真タップで拡大]

1974年、Hyundaiがまだ自動車生産の初期段階にあったとき、同社の幹部はジョルジェット・ジウジアーロと連絡を取り、Hyundai初の独自モデルでもあり、韓国初の市販車のデザインに携わることを提案。

当時の韓国は、自動車のデザインとスタイリングの能力に乏しかったため、Hyundaiはジウジアーロにデザイン、設計図の作成、5台のプロトタイプの制作を依頼し、そのうちの1台がクーペ。デザインとプロトタイプの過程で、Hyundaiはトリノモーターショーにポニーとポニークーペを出展し、世界市場へのブランドデビューをアピールすることにした。

V字形のノーズ、円形のヘッドランプ、折り紙のような幾何学的なラインを備えたポニークーペは、北米やヨーロッパ向けのモデルでしたが、世界的な経済不況の中で量産直前の1981年に計画は中止された。

[写真タップで拡大]

当時、このコンセプトは未完の夢となったが、その大胆な精神は、1975年から1990年まで世界中で販売されたポニーの名で呼ばれるHyundaiの最初の独立生産モデルに直接影響を与え、韓国の自動車産業に弾みをつけるのに貢献。ポニークーペコンセプトは、Hyundaiのヘリテージの重要な部分であり、創業者である鄭周永(チョン・ジュヨン)のビジョンを象徴する車でもある。

ポニーとポニークーペコンセプトのインパクトは、今でも感じることができる。Hyundaiは、2019年に初代ポニーからインスピレーションを得て「45」コンセプトカーを開発し、2年後にデビューしたIONIQ 5に直接影響を与えた。

2021年には、初代ポニー市販車をレストモッドEVコンセプトとして再現。そして2022年、Hyundaiは再びクーペコンセプトを取り入れ、水素ハイブリッドのN Vision 74「rolling lab」開発車両を発表するに至ったのだ。

出典:PRTIMES
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報