1日貸切は1,700万円から! ポルシェファン必見、豪華返礼品が並ぶ木更津市のふるさと納税がアツい!

ポルシェジャパンは、ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京(以下PEC東京)の1周年を記念してリリースした「PEC東京1日貸切プラン」(寄附金額1700万円)のふるさと納税返礼品に、近日申し込み実績が入ったことを発表した。

●文:月刊自家用車編集部

シュミレーターからグッズ販売、食事まで楽しめる施設

ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京(PEC東京)は、ポルシェジャパンが世界で9番目となる、スポーツドライビングおよびブランド体験施設として、2021年10月1日(金)に千葉県木更津市に開設した施設。43ヘクタールの広さを誇り、木更津市の自然と日本らしい風景を生かし、他にはない高いレベルで元の自然を活かすようレイアウトされているのが特徴だ。

[写真タップで拡大]

世界有数のレーストラックでのドライビングを体験できるシュミレーターや、アパレル、アクセサリー、ラゲージ、モデルカー、書籍、その他最新のアイテムが並ぶオフィシャルアイテムショップなどが併設され、1日じゃ足りないくらい楽しめる施設となっている。

1周年を記念しての独自のふるさと納税

ポルシェジャパンは、PEC東京が位置する千葉県木更津市へ多くの方が訪れ、魅力を知ってもらうことを目的とし、産業振興の地域貢献として独自のふるさと納税返礼品を2022年5月より運用している。現在までに300件以上の申し込み実績があり、最新のポルシェ体験を目的として、木更津へ訪れる人々も多くなっている。

今回申し込みが入ったPEC東京1日貸切プランは、PEC東京内の全施設を貸切ることが可能で、最新のポルシェを試乗するドライビングセッション20回分や、レストラン906や956カフェでの30万円分の飲食も含まれるなど、豪華な返礼内容となっている。

[写真タップで拡大]

返礼品について

プログラムに含まれている内容
・ 下記の貸切8時間分(9:00-17:00)
  建物(アトリウム、カフェ、レストラン、会議室)及びトラック(ハンドリングトラックはじめ全モジュール)ポルシェドライビングコーチ 5名
・ 最新のポルシェで90分のドライビングセッション 20回分(ドライビングシミュレーターへの変更可)
・ お食事・飲み物 30万円分
・ サービス料


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報