雰囲気満点のレトロバンが1円から!LOT No.4「1979 Toyota Townace E-TR15G」

株式会社BH AUCTIONは、和歌山県かつらぎ町の人気アウトドアショップ「Orange」とコラボレーションしたオークションを、日本最大級のネットオークションサービス「ヤフオク!」で、2023年1月16日(月)から22日(日)まで開催する。出品されているのは「Orange」を経営する池田道夫さんがコレクションしていた、アウトドアを感じさせるオシャレなヴィンテージカー(13台)だ。

●文:月刊自家用車編集部

最初期の「タウンエース」がオークションに登場!

[写真タップで拡大]

「ハイエース」と、それをより小型化した「ミニエース」の中間的立ち位置で、現行モデルもその利便性から高い人気を誇る「タウンエース」。当個体は1976年に登場した「タウンエース」の最初期型で、三列シートを備えた7人搭乗可能の乗用グレードワゴンモデルとなる。

[写真タップで拡大]

当個体も池田氏が購入した当時から交換したパーツ等はなく、高いオリジナル度を維持している。外装の状態も、多少の傷や錆等は見受けられるが、比較的良好な状態を保つ。

[写真タップで拡大]

内装はブラウンで統一されたオリジナルインテリアとなっており、現代の車にはない当時のモデルならではの趣を感じさせてくれる。フロントの内張りのみは、前オーナーによって臙脂色のシートに交換されているが、ブラウンのボディカラーとマッチし、違和感を感じさせない仕上がりとなっている。

[写真タップで拡大]

当車両はあくまでも乗用バンということで、特別キャンプに特化した機能等は備えていない。しかしシートの2列目と3列目はフルフラット化するため、2名が寝られるくらいのベッドとして使用できるだろう。また3列目は折り畳むことも可能で、かなりの量のキャンプギアも積み込める。

[写真タップで拡大]

エンジンに関してはバッテリーを交換する必要があるが、基本的には快調に動作し、トラブルにも一度も遭遇していないとのこと。

[写真タップで拡大]

この車は汎用性に優れたラゲッジスペースや、快適な室内、そしてメカニカル部の状態の良さから、このままでももちろん十分レジャーで使用できる。しかし、その素性の良さから、自分好みのクラシックキャンパーを作り上げるベース車両としてもいいかもしれない。

出典:BINGO
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報