日本未発売のランドクルーザー40系がヤフオクに!LOT No.5「1984 Toyota Land Cruiser Troop Carrier 47」

株式会社BH AUCTIONは、和歌山県かつらぎ町の人気アウトドアショップ「Orange」とコラボレーションしたオークションを、日本最大級のネットオークションサービス「ヤフオク!」で、2023年1月16日(月)から22日(日)まで開催する。出品されているのは「Orange」を経営する池田道夫さんがコレクションしていた、アウトドアを感じさせるオシャレなヴィンテージカー(13台)だ。

●文:月刊自家用車編集部

トループキャリアを装備したランクルが1円スタートオークションに!

[写真タップで拡大]

当個体はオーストラリアでのみ販売されていたロングボディタイプ「トループキャリア」モデルだ。国産クロスカントリーを代表する人気モデルとして、多くのファンを持つ「ランドクルーザー」であるが、現行車でもこのトループキャリアはオーストラリア専売モデルとして知られている。

[写真タップで拡大]

そのため日本国内の個体数は非常に少なく、ランクル乗りにとって一つの憧れの対象となっているのがこのモデルなのだ。

[写真タップで拡大]

この個体は歴代のランクルの中でもアメリカを中心に大ヒットを記録し、24年間製造され続けたベストセラーモデルの40系という点にも注目したい。この代で初のディーゼルエンジンを搭載し、より品質を重視して設計されたため、信頼性が高く悪路走破性もより一層強化された。そして初代から受け継いだミリタリーなテイストを色濃く残すスタイリングも、今なお高い人気を誇る所以と言えるだろう。

[写真タップで拡大]

この車両はオーストラリアから直輸入したものではなく、池田氏が北海道で売られていたものを知人の紹介で購入したそうだ。購入時点で、前オーナーのランクル愛あふれるカスタムが随所に施されており、それも購入の決め手となったという。

[写真タップで拡大]

特に注目したいのが、キャンピングカーに搭載されるようなポップアップルーフを装備している点。

[写真タップで拡大]

これによって、”トルーピー”の広々とした室内がさらに拡張され、車内で立って作業できる快適装備となっている。

[写真タップで拡大]

また左フロントには大型のシュノーケルも装備されており、ロングボディに更なる迫力をプラスする。

[写真タップで拡大]

内装は”トルーピー”の名が意味する「兵士を運ぶ車両」という通り、金属剥き出し状態で、軍用車を思わせる精悍なインテリアもまた魅力の一つと言えるだろう。

[写真タップで拡大]

状態に関しては内外装ともに錆やヤレが見受けられるが、搭載するディーゼルエンジンは快調に動作し、名古屋で開催されたイベントにも何ら問題なく自走で参加できたとのこと。

[写真タップで拡大]

クラシックランクルでありながら、非常に希少価値の高いトルーピーボディを備えたこの個体。ランクルマニアであれば是非とも手に入れておきたい一台だ。

出典:BINGO
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報