新型プリウスのすべてと7大ライバル車比較/注目パワートレーン乗り比べCX-60/フォレスターでめぐる冬の会津、頼れる雪国総合性能他【月刊自家用車4月号(2月25日発売)】

月刊自家用車4月号(2/25発売)では、新世代セダン大本命の新型プリウスをはじめ、2つの個性が光る新型マツダ2詳報、真冬の恒例イベントである女神湖の北条ドライブリポート、最新の注目ジャンルのカーナビ特集、X氏の値引き情報など盛り沢山の内容で絶賛発売中。

●文:月刊自家用車編集部

新世代セダンの大本命モデル「新型プリウス」のすべて

クーペルックのスタイリングからして走りにも期待してしまう。それが新型プリウスを見た多くのユーザーが抱く想いだろう。期待に応える実力モデルかどうか?しっかりと見極めてみた。

ZR-V、500kmドライブリポートでわかった実力とは!?

1日で500kmも走ったロングドライブは山あり谷ありのなかなかの長丁場。ここまで走ると下手なクルマだと疲れ果ててしまう危険もあるが、ZR-Vにとってはそんな心配は全くの杞憂。むしろもっともっと乗りたくなってしまった程の実力モデルだった。

スバルらしさが凝縮! フォレスターのベストだ

スバル車の大きな特徴はやはり機能性の高さにある。水平対向エンジンとシンメトリカルAWDがもたらす安定感あふれる走りは、とにかく低μな雪道などでは他では得られない恩恵をもたらす。その実力

国産車ブランド別「イチオシセレクション」

SUVブームや電動化・コネクティッドの波にもまれる自動車メーカーは、共通の課題に取り組みつつ、他社との差別化にも注力している。ここではそんな国産各社”ならでは”のイチオシモデル、いわばブランドを体現する「代表車」をピックアップ。その魅力を明らかにしていく。

無料でも使える、厳選クルマお役立ちアプリ

生活のあらゆる場面で役立つスマホだが、クルマの中でも大活躍してくれる。今回は無料でも使える役立ちアプリ10選を紹介しよう。

お買い求めは書店またはWEBで

目次

created by Rinker
内外出版社
¥802(2024/02/29 18:45:13時点 Amazon調べ-詳細)


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事