快適な「車中泊」で旅の選択肢を広げるRVパーク7施設が新規認定!日本の夕日百選を望むロケーションなど、北海道から熊本まで全国各所の観光名所近隣にも続々

  • 2022/11/18
  • 一般社団法人日本RV協会[PR TIMES]

※このページは、自動車関連企業等より配信されたパブリシティリリース記事をそのまま転載しております。掲載内容に関するお問い合わせ等につきましては、直接リリース配信元までお願いいたします。

日本RV協会認定の宿泊スペース“RVパーク”が2022年10月時点で全国295カ所に~安心そして快適に車中泊を楽しめる場所がより身近な存在へ~

一般社団法人日本RV協会(会長:荒木 賢治、所在地:神奈川県横浜市、以下:JRVA)では、「快適に安心して車中泊が出来る場所」として車中泊施設“RVパーク”を全国に広めています。JRVAは2012年より、全国各地に温泉、旅館、道の駅、遊園地等々の様々な施設でRVパークの設置を進めており、滋賀県の観光名所・メタセコイア並木近くのグランピング施設併設「リラクピング メタセコイア店」や日本の夕日百選に選ばれている美しい宍道湖を望むロケーションに新設される「RVパーク宍道湖」など7施設をこの度新たに認定し、全国で利用出来る施設は295カ所(2022年10月末時点)となりました。
※日本RV協会認定車中泊施設「RVパーク」はこちらからご覧いただけます https://www.kurumatabi.com/rvpark/list.php

「リラクピング メタセコイア店」現地の様子
「RVパーク宍道湖」現地の様子

昨今では人との接触を避けて楽しめるということで「車中泊」に注目が集まっており、キャンピングカーオーナーの75%以上が1度以上利用経験があると回答するなど、以前にも増して需要と重要性が高まってきています。

この度、新規認定となった「リラクピング メタセコイア店」は、滋賀県の代名詞”琵琶湖”の湖北マキノ町に位置し、大自然に囲まれたゆったりとした空間が魅力の近年注目が集まるグランピング施設に隣接したパーク。また、「RVパーク宍道湖」は昨年オープンしたヤギカフェの駐車場を有効活用した形で開設され、美しい宍道湖を望むロケーションだけではなく、ヤギと触れ合うことが出来るのも魅力的。その他にもコロナ禍で団体客利用減少によって休閑地となってしまっていた駐車場が再活用されたものなど三者三様。施設ごとに様々な背景や楽しみ方があり、RVパークと一口に言っても多岐にわたります。

JRVAでは、今後も多くの方が「車中泊」を安心安全に利用出来る“RVパーク”をあらゆるステークホルダーと推し進めるとともに、その存在自体を認知してもらうことで旅の選択肢に多様性が生まれていくようにこれからも取り組んでまいります。

  • 新規認定RVパーク「リラクピング メタセコイア店」施設概要(2022年10月末日時点)

滋賀県の代名詞である母なる湖「琵琶湖」湖北マキノ町に位置し、大自然に囲まれたゆったりとした空間で気軽に車中泊を楽しる施設。四季折々に表情を変えるメタセコイア並木からほど近く、その他にも海津大崎の桜並木や湖水の綺麗なマキノサニービーチなど湖岸景観は抜群で、オールシーズン楽しめる観光スポット。施設内に、完全個室・貸切陶器風呂施設があり自然を感じながらゆったりとお風呂で疲れを癒すことも。広々とした車中泊スペース全てが囲われており、プライベート空間も確保。ドッグラン付きRVパークもあり愛犬家の方必見。
●リラクピング メタセコイア店(滋賀県)
所在地 :〒520-1834 滋賀県高島市マキノ町寺久保683-1
アクセス:名神高速京都東ICから国道161号・湖西道路・国道161号経由で約1時間半、北陸自動車道 木之本ICから30分
施設特徴:トイレ24時間利用可、暖房便座トイレ、入浴施設(施設内)、ごみ処理対応可、電源(無料)あり、ペット同伴可、ドッグランあり、Wi-Fiあり
電話番号:0740-27-8511(営業時間 10:00~18:00)
利用料金:6,600円~(1泊/1台、一般利用時)
公式HP:https://www.kurumatabi.com/park/rvpark/1109.html

  • その他10月開設RVパーク施設概要(2022年10月末日時点)

RVパーク宍道湖(島根県)
日本の夕日百選に選ばれている美しい宍道湖を望むロケーションに位置する施設。
ロケーションだけではなく、ヤギがお出迎え・触れ合えるコーナーやヤギのミルクで作るジェラートなどが楽しめるヤギカフェが併設されているユニークさがポイント。

所在地 :〒690-0855 島根県松江市浜佐田町974-1
アクセス:山陰道松江西インターより車で約10分
施設特徴:トイレ24時間利用可、暖房便座トイレ、入浴施設(車移動)、ブラック&グレー対応、ごみ処理対応可、電源(無料)あり、水道(無料)あり、ペット同伴可、Wi-Fiあり、夕食あり
電話番号:0852-67-7674(10:00~17:00)
利用料金:3,000円~(1泊/1台、一般利用時)
公式HP:https://www.kurumatabi.com/park/rvpark/1120.html

美唄RVパーク(北海道)
 所在地 :〒072-0808 北海道美唄市東明町3区
 公式HP:https://www.kurumatabi.com/park/rvpark/1096.html
RVパークあかね(岐阜県)
 所在地 :〒505-0422 岐阜県加茂郡八百津町久田見1220-6
 公式HP:https://www.kurumatabi.com/park/rvpark/1088.html
RVパーク 鳥羽シーサイドホテル(三重県)
 所在地 :〒517-0021 三重県鳥羽市安楽島町1084
 公式HP:https://www.kurumatabi.com/park/rvpark/1111.html
RVパーク この街ガーデンズ(なでしこの湯)(兵庫県)
 所在地 :〒651-2108 兵庫県神戸市西区伊川谷町前開270-1
 公式HP:https://www.kurumatabi.com/park/rvpark/1093.html
RVパークsmart 道の駅水辺プラザかもと(熊本県)
 所在地 :〒861-0312 熊本県山鹿市鹿本町梶屋1257
 公式HP:https://www.kurumatabi.com/park/rvpark/1118.html

  • 「RVパーク」とは

日本RV協会が「快適に安心して車中泊が出来る場所」を提供するために定めた一定の条件を満たす車中泊施設です。現在、全国各地に295カ所設置がされ、その場所は温泉、旅館、道の駅、遊園地等々の様々な施設に隣接する形となっています。アメリカではキャンピングカーで旅をする方々向けに、快適に旅を過ごせるように国立公園やテーマパーク、フリーウェイの出入り口付近など10,000カ所以上の様々な場所に設置されています。

「車中泊」は、海外では幅広い世代に親しまれており生活に身近な存在である一方、日本ではまだそのようなライフスタイルは確立されていません。そのため、違法行為やマナー違反といった扱いを受けたり、長時間駐車が出来る場所は街灯や人気が少ない等、危険が隣り合わせになる可能性がありました。また最近ではオートキャンプ場内での車中泊が禁止となることもあるなど、車中泊自体の注目度は高まっている一方で実際に車中泊が出来る環境が広がり切っていない状況があります。そこでJRVAでは、アメリカを中心に設置されている“RVパーク”を日本独自の「どなたでもご利用いただける・安全かつ快適な・車中泊を楽しめる場所」として、国内で拡充させていくべく、2012年から認定活動を行っています。

※日本RV協会認定車中泊施設「RVパーク」はこちらからご覧いただけます https://www.kurumatabi.com/rvpark/list.php

  • 「一般社団法人日本RV協会」とは

くるま旅と車中泊の文化を創出することを目的とし「キャンピングカー文化を日本に!」をテーマに、普及・市場の育成・環境整備の活動を行っているキャンピングカー製造・販売事業者等の会員で構成された団体です。
※JRVA(ジャルバ)は、日本RV協会の英文名称「JAPAN RECREATIONAL VEHICLE ASSOCIATION」の略称です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報