ルノー・スポールの名を冠した最後のモデル メガーヌ R.S. ULTIMEを日本導入

  • 2023/01/18
  • ルノー・ジャポン株式会社[PR TIMES]

※このページは、自動車関連企業等より配信されたパブリシティリリース記事をそのまま転載しております。掲載内容に関するお問い合わせ等につきましては、直接リリース配信元までお願いいたします。

 ルノー・ジャポン株式会社(所在地:神奈川県横浜市、代表取締役社長:小川 隼平)は、ルノーのスポーツモデルの開発や、モータースポーツ分野の活動を担ってきたルノー・スポールの名を冠する最後のモデルとなる限定車 メガーヌ R.S. Ultime(ウルティム)を、今年日本に導入します。日本での販売台数、仕様、価格等は、発表時に公表します。
 メガーヌ R.S. ウルティムは、ルノー・スポールが設立された1976年にちなみ、全世界で1976台が販売されます。

 2023年1月11日(フランス時間)に、ルノーがデジタル上で発表したこのメガーヌ R.S. ウルティムの実車を、東京オートサロン2023 ルノーブースで、世界に先駆けて公開します。メガーヌ R.S. ウルティムの販売に関する詳細な情報は、今春に発表する予定です。

ニュルブルクリンク北コースにおいて、メガーヌR.S. トロフィー Rが量産FF車最速となる 7分40秒100を記録

 ルノー・スポールは1976年に設立され、ルノーのスポーツモデルの開発のみならず、F1を始めとするモータースポーツをも担う組織として活動し、ルノーの技術開発、ブランドイメージ向上に大きく貢献してきましたが、これらの役割は今後ルノーグループの新たなスポーツブランドであるアルピーヌに引き継がれることとなったため、ルノー・スポールはその役割を終えることとなりました。

 ルノー・スポール最後のモデルとなるメガーヌ R.S. ウルティムは、設立された1976年にちなみ、全世界で1976台が販売されます。コーナリングスピードの向上を目的にロールを抑えたシャシー、トルセン®LSD、前輪アルミ製ハブ/鋳鉄製スリット入りブレーキディスクなど、クローズドコースでのスポーツ性能を高めたメガーヌ R.S. トロフィーの性能と装備を受継ぎながら、ルーフとボンネットに配されたロザンジュをモチーフとしたブラックマットストライブ、ブラックアウトされたロゴ、ブラックの「フジライト」ホイールの採用によって、スポーティさが強調されたエクステリアデザインとなりました。

 センターコンソールには、ルノー・スポールモデルのテスト/開発ドライバーで、ニュルブルクリンク市販FF車の最速記録を持つロラン・ウルゴンのサイン入りシリアルプレートが装着されます。

「 メガーヌ R.S.は、私の15年に及ぶルノー・スポールでの仕事を象徴するモデルです。メガーヌ 2 フェーズ2の登場以降、前輪駆動スポーツカーのリーダーであり続けるために、車の性能を絶えず向上させてきました。ニュルブルクリンクでの最速記録は、忘れられない挑戦であり、情熱、アドレナリン、興奮に満ちたものでした。そして今、メガーヌ R.S. ウルティム…、私はこの素晴らしい物語の最後を飾るバージョンにサインできることを特に誇りに思います。」
 ルノー・スポール テスト/開発ドライバー ロラン・ウルゴン

 日本仕様は、EDCとMTの導入を予定しています。販売価格は、600万円台中盤を予定しています 。詳細は、今春の発表時に公表します。

 メガーヌ R.S. ウルティムの欧州での発売に伴い、メガーヌ R.S.及びメガーヌ R.S. トロフィーは生産を終了し、これらモデルの日本在庫がなくなり次第、日本での販売も終了します。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報