「原付と同等の維持費が魅力」KGモーターズ、ミニマムモビリティを東京オートサロン2023にて発表&モニター募集開始

  • 2023/01/18
  • KGモーターズ株式会社[PR TIMES]

※このページは、自動車関連企業等より配信されたパブリシティリリース記事をそのまま転載しております。掲載内容に関するお問い合わせ等につきましては、直接リリース配信元までお願いいたします。

環境性能が高く、維持コストが安い次世代チョイ乗りモビリティ

YouTuberから世界に通用する自動車メーカーを目指すKGモーターズ株式会社(本社:広島県東広島市、代表取締役CEO:楠 一成)は、このたび東京オートサロン2023にて開発中の「ミニマムモビリティ」のコンセプトモデルを発表しました。また、2025年の発売に先駆けてモニターリースの募集受付も開始しております。

ミニマムモビリティ-コンセプト
  • 次世代チョイ乗りモビリティ

ミニマムモビリティ-コンセプトは、1人乗りセンターポジションで走る楽しさを追求した小型の電気自動車。80年代のポラロイドカメラをモチーフにしたレトロでありながら、近未来を感じさせる前後対称のデザイン。小型であるため環境性能に優れており、コスパも抜群。楽しさ、気軽さ、エコを追求した次世代のチョイ乗りモビリティ。

■スペック
全長:2,450mm
全幅:1,090mm
全高:1,500mm
定格出力:0.59kW
ピーク出力:5kW
航続距離:100km
充電AC100V:5時間
乗車定員:1名
※販売価格は100万円を切ることを目標に開発中
 

  • 原付と同等の維持費が魅力
車両規格は第一種原動機付自転車

環境に優しいのはもちろんですが、もうひとつの魅力が所有コストの安さ。車両規格が第一種原動機付自転車(ミニカー)であるため、車検不要で税金や保険も原付と同等の維持費で所有できます。また、家庭用の100Vコンセントで充電できるため、専用の充電設備も不要。5時間の充電で航続距離は100kmの予定です。1人で近距離しか乗らないというユーザーには充分なスペックだと考えており、コストメリットによる普及を狙います。

  • 正式発売に先駆けモニター募集を開始

正式発売は2025年の予定ですが、2024年より実証実験としてモニター車のリースを行います。モニター利用者からの意見を集め開発に活かすことで、よりユーザーにフィットしたモビリティ作りを目指します。募集人数は100人を予定しており、リース料は税込10,000円/月。期間は2ヶ月なので税込20,000円で発売前のモビリティ開発に関わることができます。詳細は下記リンクよりご確認ください。

【モニター詳細】
https://hunfooli.jp/monitor/

  • KGモーターズ株式会社について

環境性能の高い小型のモビリティを開発・普及を目指すスタートアップ企業。代表取締役CEOの楠は2021年にGoogle Japanが選ぶ(世界に影響を与える)クリエイター101人に選ばれている。

【会社概要】
社名:KGモーターズ株式会社
本社所在地:広島県東広島市志和町七条椛坂 1698-1
代表取締役CEO:楠一成
事業内容: 超小型モビリティの製造・販売
設立: 2022年7月
HP:https://hunfooli.jp/

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報