パナソニック オートモーティブシステムズのフルディスプレイメーターがマツダ株式会社の「MAZDA CX-70」に採用

  • 2024/03/29
  • パナソニックグループ[PR TIMES]

※このページは、自動車関連企業等より配信されたパブリシティリリース記事をそのまま転載しております。掲載内容に関するお問い合わせ等につきましては、直接リリース配信元までお願いいたします。

パナソニック オートモーティブシステムズ株式会社(代表取締役社長:永易 正吏、本社:神奈川県横浜市、以下、パナソニック オートモーティブシステムズ)のフルディスプレイメーターが、マツダ株式会社(以下、マツダ)の「MAZDA CX-70」(2024年春発売)に採用されました。パナソニック オートモーティブシステムズのフルディスプレイメーターがマツダの乗用車に採用されたのは3車種目となります。

フルディスプレイメーターは、12.3 inchの大画面ディスプレイを採用し、速度や警告などの車両状態をグラフィックスでドライバーに表示するシステムです。車両状況に応じてグラフィックスが変化し、適時・適切な情報を表示することができ、ドライバーが安全・安心を感じながら運転できることに貢献いたします。

MAZDA CX-70に搭載されたフルディスプレイメーターは、パナソニック オートモーティブシステムズがマルチメディア商品や車載ナビゲーションで培ってきた高いグラフィックス技術を用いて、ドライバーが運転時に見やすく認知しやすい表現を3Dグラフィックスで実現、プレミアム車両に相応しい高い品位を有しています。

<商品の特長>

1. 高品位なグラフィックスによる3D立体視像

2. ドライブシーンに応じたモード表示

パナソニック オートモーティブシステムズは今後、普及が期待されるフルディスプレイメーターの領域において、リーディングカンパニーを目指します。パナソニック オートモーティブシステムズの強みを生かしたフルディスプレイメーターの開発・納入を通じて、安全・安心で快適なドライビング環境に貢献してまいります。

全文は以下プレスリリースをご覧ください。

▼[プレスリリース]パナソニック オートモーティブシステムズのフルディスプレイメーターがマツダ株式会社の「MAZDA CX-70」に採用(2024年3月28日)

https://news.panasonic.com/jp/press/jn240328-1