実はこれで十分!?進化するポータブルナビの実力【Panasonic gorilla】

●Panasonic Gorilla CN-G1500VD
●実勢価格:6万5000円前後

現在のカーナビゲーションは、多くの上位モデルで様々な機能が付与されており、Wi-Fi環境が備わる製品などは、まるで自宅にいるような感覚で映像や音楽を楽しめたりする。逆にナビ本来の機能だけで良いと考える人には、少しオーバースペックに感じることもあるだろう。そこで再注目されているのが、取り付けや操作が簡単でコスパが良いポータブルナビだ。PanasonicのGorillaを例に紹介しよう。

●文:浜先秀彰 ●まとめ:月刊自家用車編集部

基本性能が格段にアップ、測位精度も強化

パナソニックのポータブルカーナビ「ゴリラ」がモデルチェンジ。ラインナップは7型ディスプレイを搭載した「CN-G1500VD」と「CN-G750D」の2機種で、今回は7月上旬からの発売に先駆け上級機となるCN-G1500DVの試用を行った。

ポータブル型は載せ替えが簡単なうえ、車種を問わずに取り付けが可能。複数台のクルマを所有している人や、愛車の古いナビがインパネ一体で取り外せないという人には特にオススメだ。本体は吸盤式スタンドでダッシュボード上に固定し、電源はアクセサリーソケットから取得。VICS受信用のフィルムアンテナはフロントガラスに貼り付ける。

ナビ機能での特徴は地図&案内関連データが充実していることだ。「全国どこでも市街地図」の搭載により、日本全国100%のエリア(一部離島等を除く)で道路の形状や建物の形などが詳細に描かれた市街地図の利用が可能。さらに地図上に表示される方面看板はピクト表示などを含む新デザインを反映し、ハイウェイジャンクションなどのイラスト案内図についてもカラーレーン対応やレーン数表示などを再現する。

自車位置測位には独自のGロケーションを搭載しているが、新たに準天頂衛星「みちびき」の複数機受信に対応し、24時間つねに高精度な位置表示が可能となった。ビル街や山間部での測位精度が特に高まっている。

このほかVICS WIDE情報を活用した「渋滞回避ルート探索」、運転に注意すべきポイントを知らせ逆走も検知・警告する「安全・安心運転サポート」、「リヤビューカメラ接続」など多くの便利機能を搭載。2024年7月末までの無料全地図更新(1年ごとに配信・期間中に1回)/部分地図更新(2カ月ごとに配信・更新回数制限なし)ができる点も見逃せない。

車種を選ばず簡単取付

吸盤スタンド

スタンドは粘着力の強 い吸盤を備え、ダッシュ ボードにガッチリ装着。 角度調整も可能だ。 [写真タップで拡大]

アクセサリーソケット

電源はアクセサリーソケットから取得。前面部には通電確認用ランプを装備する [写真タップで拡大]

扱いやすく機能的な設計

SDメモリーカードスロット

SDメモリーカードスロットを装備。音楽、写真、動 画ファイルの再生機能も備えている。 [写真タップで拡大]

タッチパネル

操作はすべてタッチパネルで行う。ゴリラエンジンに よりレスポンスも抜群だ。 [写真タップで拡大]

“全国どこでも市街地図”で安心ドライブ

2021年モデル

2021年モデル [写真タップで拡大]

2019年以前のモデル

2019年以前のモデル [写真タップで拡大]

全国100%の地域で詳細な市街地図表示を実現。2019年以前のモデルと2021年モデルでは同じ場所の地図でもこれほど違う。初めて訪れる地方の街でも安心だ。

目の前の光景とリンクするルートガイド

方面案内標識

画面に現れる方面案内標識には近ごろ増えてきて いるピクト表示も反映されている。 [写真タップで拡大]

ハイウェイジャンクション

カラーレーンや標識がリアルに再現されたハイウェイジャンクション表示。 [写真タップで拡大]

渋滞を効率的に回避するルート提案

ルート探索設定

ルート探索設定は好みに合わせて、渋滞回避レベ ルなど、カスタマイズができる。 [写真タップで拡大]

VICS WIDE

VICS WIDE情報に基づいて、案内中でも渋滞回 避ルート探索を行い新ルートを提案する。 [写真タップで拡大]

運転に注意するポイントを知らせる

逆走注意

高速道路の逆走を検知して警告を行う。 [写真タップで拡大]

制限速度

走行している道路の制限速度を知らせてくれる。 [写真タップで拡大]

ベーシックモデルもラインナップ

cn-g750d

●CN-G750D
●実勢価格:5万5000円前後 [写真タップで拡大]

今回紹介した「CN-G1500VD」と共通の基本性能を持つベーシックモデル。よりリーズナブルな価格を実現しているもののVICS WIDE受信やリヤビューカメラ対応などの機能は無く、無料地図更新にも対応していない。使い方に合わせて最適なモデルを選ぼう。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報