【新型サイバーナビ】エンタメ性能アップ、車内Wi-Fiでドライブが100倍楽しくなる

carrozzeria
CYBER NAVI
AVIC-CQ912-DC

価格:オープン(実勢価格:23万円前後/税込)

パイオニア カロッツェリアのフラッグシップ「サイバーナビ」が2021年モデルにチェンジ。docomo in Car Connectに対応したネットワークスティックによって、エンタメ機能、ナビ機能のグレードアップを実現している。

●文:浜先秀彰 ●まとめ:月刊自家用車編集部

ネットワーク機能搭載で快適ドライブ

カロッツェリアの上級ナビ「サイバーナビ」がモデルチェンジし、8機種がリリースされた。ボディサイズと画面サイズの組み合わせで4タイプがあり、それぞれに通信モジュールの「ネットワークスティック」付きモデル(型番の末尾が-DC)が用意されている。

今回取材を行ったのは9型大画面を搭載した「AVIC-CQ912-DC」で、現行型RAV4のオーディオレス仕様車に装着。写真を見ればわかるように高級感あふれるスタイルで純正品並みの自然なマッチングも実現している。

機能面でいちばんの特徴となるのは車内でネットワーク機能をフル活用できることだ。NTTドコモが提供している車載器向けのインターネット接続サービス「Docomo in Car Connect」に対応しており、付属のネットワークスティックを介してドコモのLTE回線が定額(1年間は無料。2年目以降は1万3200円/年、1650円/月、550円/日·税込)で使い放題となる。

これによりエンタメ機能はグンと充実し、スマホを接続せずにYouTube動画をストリーミング再生したり、Amazon Fire TV Stickなどの機器をつないで豊富なコンテンツも楽しめる。独自のレコーダーアクセス機能を利用すれば自宅に設置しているHDDレコーダー(対応機種)に収録した映像コンテンツを遠隔再生することも可能だ。Wi-Fiスポットとしても活用ができ、スマホやタブレット、ノートパソコン、ネットワーク対応ゲーム機なども使える。

また、高度なナビ関連機能が利用できるようになるのも嬉しいところ。ユーザーにぴったりのオススメスポット情報をリスト表示する「インフォガジェット」や、新鮮な地図でドライブができる「自動地図更新(2024年10月31日まで無料)」、サーバーに蓄積されたデータとリアルタイムのデータを使用して高精度な渋滞回避ルートを提案する「スーパールート探索」などが実現する。

ボディ

サイバーナビ|9型

9型HDディスプレイ、ネットワークスティックを備えたハイスペックモデル。RAV4(オーディオレス仕様車)にも美しくマッチする。 [写真タップで拡大]

ネットワークスティック&静電式パネル

ネットワークスティック

ネットワークスティックを介して外部から情報を取得。ドコモのLTE回線を利用している。 [写真タップで拡大]

静電式タッチパネル

静電式タッチパネルでスマホのような軽快コントロールが可能。アイコンの位置変更もOK。 [写真タップで拡大]

車内をエンタメ空間に変える

アマゾンファイヤースティック

Amazon Fire TV StickをHDMI端子に接続すれば多彩なコンテンツを楽しめるようになる。 [写真タップで拡大]

Youtube

スマホを接続しなくてもYouTubeが楽しめる。ログインや検索機能の利用もできる。 [写真タップで拡大]

レコーダーアクセス

レコーダーアクセス機能で自宅に設置したレコーダーに収録されている映像が見られる。 [写真タップで拡大]

レコーダーアクセス機能で自宅に設置したレコーダ ーに収録されている映像が見られる。

スマホやタブレットなどのネットワーク機器を持ち込める。Wi-Fiルーターとしても活躍。 [写真タップで拡大]

高度なナビ性能を実現する

ルート検索

スーパールート探索は、サーバーに蓄積されたデータと最新の渋滞情報を基にルート提案。 [写真タップで拡大]

最新データ

通信でガソリンスタンド価格情報や駐車場満空情報など、ドライブに役立つ最新データを取得する。 [写真タップで拡大]

地図検索

バージョンアップ作業を車内から簡単に行える。地図や検索データを最新状態にキープ。 [写真タップで拡大]

道路状況

最新情報を割込み表示するスポットウォッチャー。道路の混雑状況を画像でも知らせる。 [写真タップで拡大]

使い勝手を高める新機能も

オートライト|イルミ連動

オートライト車向けに時刻連動の昼夜地図切換機能を新搭載。従来のイルミ連動も可能だ。 [写真タップで拡大]

考慮ルート

スマートIC考慮ルート探索の名称をスマートIC/ETC専用出入口考慮ルート探索に変更。 [写真タップで拡大]

LINE UP

AVIC-CL912-DC

AVIC-CL912-DC
価格:オープン(実勢価格:21万円前後/税別)
ラージサイズボディに8型HDディスプレイを備え、ネットワークスティックを付属。車種専用取り付けキットで多くの車種に適合する。 [写真タップで拡大]

AVIC-CW912-DC

AVIC-CW912-DC
価格:オープン(実勢価格:19万円前後/税別)
200㎜ワイドサイズボディに7型HDディスプレイを備え、ネットワークスティックを付属する。トヨタ車や日産車などに適合している。 [写真タップで拡大]

AVIC-CZ912-DC

AVIC-CZ912-DC
価格:オープン(実勢価格:19万円前後/税別)
2DINサイズボディに7型HDディスプレイを備え、ネットワークスティックを付属する。旧車も含め多くの車種に適合する汎用タイプ。 [写真タップで拡大]

手軽にいい音が手に入る

純正ドアスピーカーと交換するだけで手軽に音質を向上させられるカスタムフィットスピーカーもデビュー。ハイグレードの「Cシリーズ」とスタンダードの「Fシリーズ」がラインナップし、それぞれにセパレート型とコアキシャル型を用意している。いずれもハイレゾ音源の再生に対応し、臨場感あふれるサウンドを楽しめる。

Cシリーズ

<Cシリーズ>
TS-C1730SⅡ
価格:オープン
(実勢価格:3万7400円前後/税込) [写真タップで拡大]

Fシリーズ

<Fシリーズ>
TS-F1740SⅡ
価格:オープン
(実勢価格:1万7600円前後/税込) [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報