三菱自動車が新型軽EVのコンセプトカーを東京オートサロンで世界初披露

●文/まとめ:月刊自家用車編集部

ラリーアートコンセプトカーも同時披露

三菱自動車は、2022年1月14日(金)から16日(日)まで千葉県の幕張メッセで開催される世界最大級のカスタムカーの祭典「東京オートサロン2022」において、新型軽EVのコンセプトカー及び、ラリーアートコンセプトカーを世界初披露する。

2022年度初頭に発売を予定している新型軽EVのコンセプトカーは、軽自動車ならではの取り回しがよく運転しやすいボディサイズに、電気自動車ならではの滑らかで力強い走りを融合させている。さらに先進の運転支援機能やコネクティッド機能を採用し、環境に配慮した安心・安全で快適な三菱自動車らしい新世代の軽EVとしている。

ラリーアートコンセプトカーは、三菱自動車のエンジニアリング技術とクルマづくりにかける情熱を結集し、プレミアムで圧倒的な存在感のスタイリングとすることで、新しいラリーアートの可能性を表現。気になる人は東京オートサロン2022の会場で確認してみよう。

ラリーアートコンセプトカー [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報