待望のマイルドハイブリッド車も追加!新しくなったアルト、その魅力に迫る!

価格:94万3,800円〜137万9,400円

●文/まとめ:月刊自家用車編集部 ●写真:スズキ(株)

マイルドハイブリッド搭載で性能面も強化

スズキは、軽乗用車の新型 アルトを2021年12月22日より発売を開始することを発表した。

アルトは、1979年5月に運転のしやすさ、使い勝手のよさ、経済性の高さなどを兼ね備えた実用的な軽自動車として発売され、新しい市場を切り拓いたスズキの大ヒット車種。発売以来、時代にあわせて機能や性能を進化させ、42年、8代にわたり多くのユーザーに愛され、国内累計販売台数は約526万台を記録する、スズキの軽自動車を代表するモデルになる。

9代目となる新型アルトは、誰もが気軽に安心して乗れる、世代を超えて親しみやすく愛着のわくデザインを採用し、内外装を一新。従来型に搭載されていたR06A型エンジンとエネチャージの組み合わせに加え、新たにR06D型エンジンとマイルドハイブリッドを搭載するグレードも用意。さらなる低燃費を実現し、WLTCモード燃費では軽自動車トップの27.7km/ℓを達成した。

さらに安全面では、ガラスエリアを拡大し、視界を広くしたほか、夜間の歩行者も検知するデュアルカメラブレーキサポートなどを搭載する「スズキ セーフティ サポート」と6エアバッグを全車に標準装備している。

また、必要な情報をフルカラーで見やすく表示するヘッドアップディスプレイを採用し、ステレオカメラで認識した道路標識をヘッドアップディスプレイに表示する標識認識機能を搭載。さらに全方位モニター用カメラ装着車には、狭路でのすれ違い時の接触防止をサポートするすれ違い支援機能も採用している。

純正ディスプレイオーディオを初採用

パッケージングは、全高、室内高、室内幅の拡大により、広い室内空間を実現したほか、フロントドア開口部の高さも拡大し、前席の乗降性を高めている。インパネは、ドライバーから手の届く位置に収納スペースを豊富に設置したほか、運転席・助手席から使いやすいUSB電源ソケット(2個)を装備。さらに、スズキ国内初となる7インチのディスプレイオーディオを採用し、バックアイカメラや全方位モニターの映像を表示できるほか、さまざまな車両情報の確認や、ヘッドアップディスプレイへの交差点案内などの表示も可能としている。

走行性能も、低燃費と軽快な走りを実現するエンジンに加え、軽量・高剛性のプラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」のほか、環状骨格構造や高減衰マスチックシーラーの採用により操縦安定性や乗り心地、静粛性が向上している。

新型アルトは、経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーSワイド」、国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS2)認定車」、「ペダル踏み間違い急発進抑制装置(PMPD)認定車」に該当するなど、機能面でも高く評価されている。

▼インパネ

インパネ
ディスプレイオーディオ

インパネには落ち着きのあるネイビーカラーを採用し、質感の高さや居心地のよさを表現。スズキ国内初となる7インチのディスプレイオーディオを採用し、バックアイカメラや全方位モニターの映像を表示できるほか、燃費、航続距離情報や車両警告情報など、車両情報の確認が可能。 [写真タップで拡大]

▼キャビンスペース

室内空間

全高を50mm、室内高を45mm、室内幅を25mm拡大し、前席・後席ともに広い頭上空間やゆとりあるショルダールームとすることで広い室内空間を実現。デニム調のシート表皮を採用している。 [写真タップで拡大]

▼マイルドハイブリッド

マイルドハイブリッド

R06D型エンジンとISG(モーター機能付発電機)と専用リチウムイオンバッテリーを組み合わせた独自のマイルドハイブリッドシステムを搭載。低速から中高速までの実用速度域で優れた燃費性能と軽快な走りを実現している。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報