【2022ニューモデル最前線】CX-5より1ランク上!?マツダのアッパーミドルSUV CX-60が登場か

※画像はマツダの欧州公式ツイッターより。

●文/まとめ:月刊自家用車編集部

デビュー予想は2022年4月

2021年10月に発表された「クロスオーバーSUV商品群の拡充計画」の中で存在が明らかにされたCX-60 。現在マツダが開発を進めているFRプラットフォームを採用するラージ商品群のSUVであり、2列シートを採用。エンジンを縦置きに配置するFRレイアウトで、現在の国内SUVラインナップとしてはCX-5&CX-8の上に位置するアッパーミドルSUVとして登場する。

すでにマツダの欧州法人がSNSに黒布を被せたアンベール前のCX-60の画像を配信しており、布越しにうっすら確認できるシルエットから推測すると、CX-30/MX-30にかなり近いスタイリングを持つことが分かる。内外装の意匠に関しては、先に北米で発表されたCX-50に近いイメージになる可能性が高いだろう。

cx-50

[写真タップで拡大]

cx-50|内装

北米で発売が開始されたCX-50は、日本国内には導入されないが、マツダの最新が注がれるスタイリング&内装意匠は、CX-60にも大きな影響が与えられることが予想できる。 [写真タップで拡大]

FRプラットフォーム

FRプラットフォーム+直列エンジンの採用は、走りの質感向上にも大きな貢献を果たすだろう。国内向けには2列シートのCX-60が先行し、3列シートのCX-80も2022年中には発売される可能性が高い。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報