ホンダが北米向け新型「HR-V」のエクステリアデザインを世界初公開

新型「HR-V」

Hondaの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーター(本社:カリフォルニア州トーランス)は、現地時間2022年4月4日に北米向け新型「HR-V」のエクステリアデザインを発表。今夏に先駆けての世界初公開となる。

●文/まとめ:月刊自家用車編集部

新型HR-Vの主な特長

北米で2代目となる新型HR-Vは、存在感のあるグリルとシャープなヘッドライトが特徴的なフロントビューが、伸びやかにリアに繋がるプロポーションを持ち、上質かつ洗練されたデザインとなっている。また、走行時のクルマの応答性を大幅に向上させることで、運転時に安心かつ操る喜びを感じられることを目指したという。

北米向け新型HR-Vは、北米以外でもグローバルで販売が予定されており、各地域におけるモデル名称や装備仕様などについては、今後の発表に期待したい。

HR-V

[写真タップで拡大]

  • エクステリアは、水平なベルトラインと流麗なプロポーションに加え、先代モデルよりもホイールベースを長くすることで、低く踏ん張りの効いたスタンスとした。
  • 車体の大きさは、様々なアクティビティーを楽しむのに充分な室内空間の広さや実用性を備えながらも、街中でも軽快に運転できる扱いやすいサイズ。
  • 走行性能は、より俊敏なレスポンスのエンジンや、新採用の独立式リアサスペンションの採用で、扱いやすさと洗練された走り、そして操る喜びの両立を目指している。
HR-V

[写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報