日産が新型「Nissan Z」を「SUPER GT」のオフィシャルセーフティカーに提供へ。第3戦鈴鹿で贈呈式を開催

新型「Nissan Z」セーフティカー

●文:月刊自家用車編集部

左ハンドルの「Nissan Z」が「SUPER GTシリーズ」のセーフティカーとして活躍

日産自動車(株)と日産モータースポーツ&カスタマイズ(株)(NMC)は、国内最高峰のGTレース「SUPER GTシリーズ」のセーフティカーとして、新型「Nissan Z」(日本名:フェアレディZ)を提供することを5月26日に発表した。鈴鹿サーキットで開催される第3戦からセーフティカーとして使用される。

新型「Nissan Z」セーフティカー [写真タップで拡大]

セーフティカーは、レーススタート前にコース上に障害物がないかの確認や、レース中にアクシデントなどが発生した場合に走行する競技車両を先導する役割を担う。

5月28日から鈴鹿サーキットで開催される「SUPER GTシリーズ」第3戦となる「2022 AUTOBACS SUPER GT Round3 たかのこのホテル SUZUKA GT 300km RACE」の決勝日である5月29日には、贈呈式も予定されている。

新型「Nissan Z」セーフティカー [写真タップで拡大]

今回提供される新型「Nissan Z」はその名のとおり海外仕様。公開された写真もすべて海外仕様車となっている。左ハンドルの「Nissan Z」が「SUPER GTシリーズ」のセーフティカーとして活躍するのだ。

日産のモータースポーツビジネスユニットオフィスを担当し、NMCの社長を務める片桐隆夫氏は、「今年度より『Nissan Z GT500』で参戦するSUPER GTにおいて、同じく『Nissan Z』がセーフティカーとしてレースの安全を支えます。日産DNAを象徴する新型「Z」のレースでの活躍ぶりを是非ともご覧ください。」とコメントしている。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報