SUBARU 「レガシィ アウトバック」が、JNCAP「自動車安全性能2021 ファイブスター大賞」を受賞!!

レガシィ アウトバック Limited EX

SUBARU「レガシィアウトバック」が自動車の安全性能を比較評価する自動車アセスメント(JNCAP)で、2021年度の衝突安全性能と予防安全性能の総合評価で最高得点を獲得。「自動車安全性能2021 ファイブスター大賞」を受賞した。「レガシィアウトバック」はユーロNCAPの2021年安全性能テストでも最高評価である「ファイブスター」を獲得している。

●文:月刊自家用車編集部

衝突安全性能と予防安全性能の総合評価で最高得点を獲得

自動車安全性能2021 ファイブスター大賞 [写真タップで拡大]

レガシィ アウトバック試験中画像 [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

SUBARU「レガシィ アウトバック」が、国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA)が実施した、自動車の安全性能を比較評価する自動車アセスメントで、2021年度の衝突安全性能と予防安全性能の総合評価で最高得点(衝突安全性能評価:ランクA/95.07点化【100点満点】、予防安全性能評価:ランクA/ 81.95点【82点満点】、事故⾃動緊急通報装置:8点【8点満点】、総得点:ファイブスター/185.02点【190点満点】)を獲得し、「自動車安全性能2021 ファイブスター大賞」を受賞した。

「レガシィ アウトバック」は、ユーロNCAPの2021年安全性能テストでも最高評価である「ファイブスター」を獲得している。また、「自動車安全性能2021 ファイブスター大賞」受賞は、昨年の「自動車安全性能2020 ファイブスター大賞」した「レヴォーグ」に続き、2年連続での受賞となった。

「レガシィ アウトバック」は、衝突安全性能の領域において、スバルグローバルプラットフォーム×フルインナーフレーム構造を採用し、従来モデルに対して車体強度の大幅な向上を行い衝突エネルギー吸収率を向上させている。

また、デュアルSRSエアバッグのほか、側面衝突時に備えるSRSサイドエアバッグ+SRSカーテンエアバッグのほか、前面衝突時に下肢へのダメージを軽減する運転席SRSニーエアバッグやシートベルトによる拘束保護性能を高める助手席SRSシートクッションエアバッグを採用している。加えて歩行者保護エアバッグを全車に標準装備している。

予防安全領域では、視野を大幅に広げた新開発のステレオカメラに加え、前後4つのレーダーを組み合わせ360度センシングを実現した新世代アイサイトを全車に標準装備とし、幅広いシーンでの衝突回避のサポートを行う。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報