レクサスが新型「RX」を世界初公開! 新開発2.4Lターボハイブリッド+DIRECT4搭載!! 日本は2022年秋デビューへ!!

RX450h+(プロトタイプ)

次世代レクサスの目指す走りやデザインを追求し、フルモデルチェンジした5代目「RX」が2022年6月1日に世界初公開された。新たな四輪駆動力システム「DIRECT4」を搭載した新たなパフォーマンスモデルを導入し、魅惑的で走りを予感させる次世代レクサスデザインを採用。カーボンニュートラル社会実現へ向け、PHEVをはじめ、4つのパワートレーンをラインナップ。日本での発売は2022年秋を予定している。

●文:月刊自家用車編集部

バッテリーEV・RZに続き、四輪駆動力システム「DIRECT4」を採用

今や世界のラグジュアリーSUVを代表する存在となったレクサス「RX」。5代目(日本市場では通算3代目)へと全面刷新を行うにあたり、どんな挑戦を行ったのか?

RX450h+(プロトタイプ) [写真タップで拡大]

RX450h+(プロトタイプ) [写真タップで拡大]

RX450h+(プロトタイプ) [写真タップで拡大]

その1つ目が、「対話できるクルマ、走って楽しいクルマ」への挑戦。クルマの素性を徹底的に磨き上げ、レクサスの原点という「上質な乗り心地」と「高い静粛性」を大切にしながら、LEXUSならではの走りの味「Lexus Driving Signature」をさらに進化させたという。

新型RX(プロトタイプ) [写真タップで拡大]

新型RX(プロトタイプ) [写真タップで拡大]

重量物の配置により決まる重量配分や慣性モーメントである慣性諸元に優れたパッケージを実現し、高い運動性能を実現する改良型GA-Kプラットフォームとリヤに新開発のマルチリンク式サスペンションを採用した。さらに高剛性ボディと軽量化を両立しているのも特徴だ。

2.4L Turbo HEVシステム(プロトタイプ) [写真タップで拡大]

2.5L PHEVシステム(プロトタイプ) [写真タップで拡大]

2.5L HEVシステム(プロトタイプ) [写真タップで拡大]

2.4L Turboシステム(プロトタイプ) [写真タップで拡大]

パワートレーンは、従来型の2.0L直4ターボと3.5LV6ガソリン+ハイブリッドシステムの2タイプのラインナップから一気に4つのパワートレーンへと増える。それが、トルクフルでダイナミックな2.4Lターボ(RX350・AWD/FF)と低燃費で気持ちの良い走りを実現する2.5Lハイブリッド(RX350h・E-Four/FF)、クラストップレベルのEV航続距離と力強い加速性能を実現する2.5LPHEV (RX450h+・E-Four)、そして電動化技術による新たなドライビング体験を提供する2.4LターボHEV DIRECT4(RX500h)だ。

RX500h F SPORT Performance(プロトタイプ) [写真タップで拡大]

2.4L Turbo HEV リヤサスペンション(プロトタイプ) [写真タップで拡大]

2.4L Turbo HEVバッテリー(プロトタイプ) [写真タップで拡大]

RX500hに搭載される2.4LターボHEV DIRECT4は、ドライバーの意志に忠実な走りを提供する四輪駆動力システム「DIRECT4」にリヤに高出力モーター「eAxle」を搭載した新開発ハイブリッドシステムを組み合わせたもの。さらに走行時の車両姿勢をコントロールするブレーキ車両姿勢制御や高い取り回し性と高速走行時の安心感を実現する大舵角DRSを採用し、「RX500h F SPORT Performance」としてラインナップされる。

新型RX(プロトタイプ) [写真タップで拡大]

新型RX(プロトタイプ) [写真タップで拡大]

そして2つ目の挑戦がデザインの変革だという。エクステリアデザインは、新しい走りを予感させる低重心で踏ん張り感のあるスタイルを採用。またバッテリーEVの「RZ」から採用された「スピンドルボディ」と呼ばれる塊感のあるボディと一体感のあるスピンドルグリルとしている。インテリアデザインでも、人間中心の「Tazuna Concept」に基づいた、走りの楽しさを最大化させるコックピットと開放的で乗員全員が包み込まれる空間としている。さらに、魅惑的な独自性と上質さを表現するエクステリアカラーと品格のある空間を演出するインテリアカラーを採用した。

プロアクティブドライビングアシスト(プロトタイプ) [写真タップで拡大]

プリクラッシュセーフティ(プロトタイプ) [写真タップで拡大]

安全装備についても「RZ」に続き、「Lexus Safety System +」を採用。現行型「NX」から採用された「プロアクティブドライビングアシスト」やオプション装着のドライバーモニターと連動した「プリクラッシュセーフティ」などを搭載。快適な移動を支えるLexus Teammateも「RZ」に続き、「アドバンストドライブ(渋滞時支援)」や並列駐車時の支援を拡大。バック駐車に加え、前向き駐車にも対応した「アドバンストパーク(リモート機能付)」を装備する。

Lexus International新型RXチーフエンジニア大野貴明氏は、『初代RXがラグジュアリーSUVとして誕生して24年。これまで世界各国の多くのお客様にご愛顧をいただきました。5代目となる今回、「運転が楽しい」という喜びをより多くのお客様へお届けしたいという想いのもと、LEXUSのグローバルコアモデルだからこそ、守りに入らず、変革に挑戦してきました。「このクルマに乗って走ること自体が楽しくなった」、「同じドライブでも、もっと気持ちいい感覚になれた」、そんな素の自分になれるクルマを目指して、徹底的にクルマの素性を鍛え上げ、新たな走りや、魅惑的でありながらも機能に根差したデザインを追求し続けてきました。開発と生産が一体となり、お客様に寄り添い、人生を豊かにする愛車となれるように、新型RXを最後まで妥協せずにつくり込んでまいりました。ぜひご期待下さい。』とコメントしている。

●新型RX主要諸元
・全長:4890mm(±0)
・全幅:1920mm(+25)
・全高:1695mm(−10※)
・ホイールベース:2850mm(+60)
・タイヤサイズ:19/21インチ
( )内は従来型差。
※:地域/仕様によって異なる。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報