あのホワイトベースがトミカに! 第一弾が2023年発売予定でこの後も続々!!

「トミカ×機動戦士ガンダム」ホワイトベース

バンダイスピリッツとタカラトミーのコラボレーションで「機動戦士ガンダム」を「トミカ」の世界で再現する「トミカ×機動戦士ガンダム」の製作が決定。2023年発売予定で、その第一弾としてあの「ホワイトベース」のトミカが登場する。

●文:月刊自家用車編集部

第一弾ということは、ほかのガンダム登場艦船の発売にも期待!?

コラボレーションプロジェクト「Dream Together – つながる想い、ともに創る夢 -」 [写真タップで拡大]

コラボレーションプロジェクト「Dream Together – つながる想い、ともに創る夢 -」は、切磋琢磨しあう両社が、垣根を超えて力を結集し、今後はそれぞれが持つ商品ブランドと人気コンテンツ同士のコラボ商品の発売やイベントの開催、オリジナルプロモーションビデオの製作などを予定しているという。

「超合金×ZOIDS」 [写真タップで拡大]

「トミカ×機動戦士ガンダム」のコラボレーションのほか、1974年に誕生したダイキャストを使用した玩具シリーズである「超合金」の世界で、恐竜や動物をモチーフとしたリアルムービングキットシリーズ「ZOIDS」の「ライガーゼロ」を立体化する「超合金×ZOIDS」のコラボレーションも登場予定。

で、オジさんたちがドキドキしてしまう「ホワイトベース」のトミカだが、商品説明では「トミカとしてこだわり続けている、サイズ感・安全性を損なうことのないようにしながら、ガンダムらしさを出すため、アニメ「機 動戦士ガンダム」の設定画に近い再現度での商品化をしていきます。ホワイトベースをトミカサイズで再現するにあたり、 その独特のディテールを損なわないよう、通常のトミカよりも構成するパーツ数を多くしています。」と語られている。

説明の通り、ホワイトベースはデフォルメ化されておらず、そのままを表現。ホワイトベースの下にホイール付きの台座が付いているという形状で、再現度は相当なモノ。商品サイズは幅57.5mm×高さ33.5mm×長さ72mmで、ホイール付きの台座のサイズは幅20mm×高さ9mm、長さ37mmで透明なパーツになっており、ホワイトベースが宙に浮いたように見えるさりげなさが好印象。

[写真タップで拡大]

今回のホワイトベースは第一弾で、今後も複数のトミカの展開を予定しているとのこと。となると他のガンダム登場艦船の発売も期待したいが、ホワイトベースを軸に考えると、ファーストガンダム以降の艦船は、どんどんデカくなっていくので期待と不安が入り交じりそう。ムサイの登場は確実か!? ゼネラル・レビルは絶対無理そうなので、できたらラー・カイラムやレウルーラまでは期待したいところだ。

■一般公開展示
コラボプロジェクト映像
・公 開 時 期:2022年 7 月下旬予定
・場 所:TAMASHII NATIONS STORE TOKYO(秋葉原)/ トミカショップ東京店
・概 要:コラボ商品の実物を「TAMASHII NATIONS STORE TOKYO」で開催予定のイベントや「トミカショップ東京店」にて展示。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報