ルノーがカングーオーナー同士が交流できる「カングーファーム」を成田ゆめ牧場内にオープン

ルノー・ジャポンは6月9日に、「農業」や「野菜」をキーワードに、カングーオーナー同士が繋がることができる「カングーファーム」を千葉県成田市にある「成田ゆめ牧場」の敷地内にオープンしたことを発表した。

●文:月刊自家用車編集部

料理教室やポップアップレストラン、オリジナルの商品の開発も

[写真タップで拡大]

「カングーファーム」は、東京・代官山や世田谷に店舗を構える「代官山青果店」の協力でナス、ズッキーニ、パプリカなどの数種類の苗が植えられ、順調に育っているという。同店のディレクターを務める色川裕也氏らが、カングーに乗って定期的に来農しファームの管理を行うという。

[写真タップで拡大]

ここでは、トップシェフによる料理教室やポップアップレストラン、オリジナルの商品の開発、SNSを通じたカングーファン同士が繋がれるキャンペーンなどの情報も順次紹介していく。

ファームで野菜が成長していく過程や状況などはルノー・ジャポンオフィシャルInstagramアカウントで公開。今後開発される新商品の販売についてもSNSや公式ウェブサイトで発表する。

[写真タップで拡大]

「カングーファーム」がある「成田ゆめ牧場」は、約9万坪(東京ドーム約7倍)の面積を持つ観光牧場。東京都心からクルマで約1時間と休日のドライブを楽しむにはちょうどいい距離に位置する。広々としたオートキャンプ場も隣接していて、アウトドアを楽しむには最適な環境だ。「カングーファーム」は、作物を生育中の農用地のため、イベント実施時以外は一般の方は立ち入れないので注意が必要だ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報