ソニーとホンダがモビリティ事業を行う新会社 「ソニー・ホンダモビリティ株式会社」を設立。2025年に高付加価値EVを発売へ

EVコンセプト「VISION-S 01」(右)/「VISION-S 02」(左)

ソニーグループ株式会社とと本田技研工業株式会社は、6月16日に高付加価値のエレクトリック・ビークル(EV)の販売とモビリティ向けサービスの提供を行う新会社の設立に関する合弁契約書を締結した。新会社によるEVの販売とモビリティ向けサービスの提供開始は、2025年を予定している。

●文:月刊自家用車編集部

ソニーとホンダが持つそれぞれの技術を融合して新時代のモビリティを生み出す

EVコンセプト「VISION-S 01」 [写真タップで拡大]

EVコンセプト「VISION-S 02」 [写真タップで拡大]

新会社「ソニー・ホンダモビリティ株式会社」は、ホンダが持つ最先端の環境や安全技術をはじめとするモビリティ開発力、車体製造技術及びアフターサービス運営の実績と、ソニーが保有しているイメージング・センシング、通信、ネットワーク及び各種エンタテインメント技術の開発・運営の実績を持ち寄ることで、ユーザーや環境に寄り添い進化を続ける新しい時代のモビリティとモビリティ向けサービスの実現を目指すという。

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

両社は、2022年3月4日に「ソニーとHonda、モビリティ分野における戦略的提携に向けて基本合意」と題した共同リリースを出していたが、この度新会社の設立へと合意に至った。新会社の設立は2025年を予定しており、高付加価値のエレクトリック・ビークル(EV)の販売とモビリティ向けサービスの提供を行う。

ソニーは自社開発のEVコンセプト「VISION-S」を2020年コンシューマーエレクトロニクスショー(以下CES)において発表。その後、「VISION-S 01」に改名している。全長4895mm、全幅1900mm、全高1450mm、ホイールベース3030mmという大型4ドアクーペフォルムを採用。乗車定員は4名で、フロントとリアに200kWのモーターをそれぞれ搭載したAWDとなっている。

EVコンセプト「VISION-S 01」 [写真タップで拡大]

続いて2022年のCESではSUVタイプの「VISION-S 02」を発表。「VISION-S 01」と同じEVプラットフォームを採用し、全長4895mm、全幅1930mm、全高1650mm、ホイールベース3030mmというSUVボディに、格納可能な3列目シートを備えて2-3-2の7人乗りを実現。

EVコンセプト「VISION-S 02」 [写真タップで拡大]

今回発表された新会社 「ソニー・ホンダモビリティ株式会社」はこのEVコンセプトである「VISION-S 01」「VISION-S 02」をベースに高付加価値のEVを販売する可能性が高い。

ソニーグループ株式会社 代表執行役 会長 兼 社長 CEO 吉田 憲一郎氏のコメント
「ソニーは、『モビリティ空間を感動空間へ』というビジョンのもと、セーフティ、エンタテインメント、アダプタビリティの三つの領域を軸に、モビリティ事業に取り組んでいきます。この領域での学びを重ねる中で、グローバルな実績と知見を有するHondaというパートナーに出会い、この度、合弁契約の締結に至ったことを、大変嬉しく思います。今後は、モビリティにおけるHondaの最先端の環境・安全技術をはじめとするモビリティ開発力、車体製造技術及びアフターサービス運営の実績と、ソニーのイメージング・センシング、通信、ネットワーク技術及び各種エンタテインメント技術の開発・運営の実績を合わせることで、モビリティの進化への貢献を目指します。」

本田技研工業株式会社 取締役 代表執行役社長 三部 敏宏氏のコメント
「Hondaは『意志を持って動き出そうとしている世界中すべての人』を支えるパワーとなることができる存在でありたいと願い、モビリティを通じた社会変革の原動力となるべく、環境・安全・先進領域等、新たなチャレンジを続けています。今回、先進デジタル技術に強みを持ち、新たなチャレンジへの志を共にできるソニーと合弁契約締結に至ったことを大変嬉しく思います。3月の発表以降、多くの皆様より期待の声を頂いています。新会社では、異業種の組み合わせで化学反応を起こし、新しい価値を具現化していきます。ぜひご期待ください。」

ソニー・ホンダモビリティ株式会社 代表取締役 会長 兼 CEO(予定)本田技研工業株式会社 水野 泰秀氏のコメント
「モビリティの革新と新たな価値創造という大きなチャレンジのスタートラインとなる、合弁契約の締結を大変嬉しく思います。ソニーのセンシング技術やHondaの独創的なモビリティ開発力など、両社が異なる領域で持つ技術アセットを最大限に活用し、お客様に感動をお届けするモビリティとサービスを実現していきます。双方の知を集結し、新たな時代をリードしていきます。」

ソニー・ホンダモビリティ株式会社 代表取締役 社長 兼 COO(予定)ソニーグループ株式会社 川西 泉氏のコメント
「『モビリティの進化への貢献』を掲げて取り組んできたこれまでの活動を具現化するにあたり、大きな節目となるこの日を迎えられたことを大変嬉しく思います。新会社では、ソニーとHondaが有する多くの強みを掛け合わせることで開発を加速し、安心・安全に根差した感動空間としてのモビリティや関連サービスの具現化を通じて、モビリティの進化をリードしていきます。」

■新会社の概要(予定)

・社名:ソニー・ホンダモビリティ株式会社(Sony Honda Mobility Inc.)
・所在地:東京都
・資本金:100億円
・出資比率:ソニーグループ株式会社50%、本田技研工業株式会社50%
・役員構成:代表取締役 会長 兼 CEO 水野 泰秀
      代表取締役 社長 兼 COO 川西 泉
      取締役 副社長 山口 周吾
      取締役 専務 岡部 宏二郎
      取締役(非常勤) 小澤 学(本田技研工業株式会社)
      取締役(非常勤) 堀井 直也(ソニーグループ株式会社)


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報