横浜ゴムの「BluEarth-FE AE30」が三菱新型軽EV「eKクロスEV」に新車装着

三菱eKクロスEV

●文:月刊自家用車編集部

基本性能を高次元でバランスしているスタンダードタイヤ

BluEarth-FE AE30 装着サイズは155/65R14 75S [写真タップで拡大]

6月16日から発売が開始された三菱自動車の新型軽EV「eKクロスEV」に、横浜ゴムの「BluEarth-FE AE30(ブルーアース・エフイー・エーイーサンマル)」が新車装着用タイヤとして納入が開始されたことが横浜ゴム株式会社から同日、発表された。

横浜ゴムは、先進のタイヤ技術である「BluEarth」テクノロジーを投入したタイヤの開発を積極的に進めており、「BluEarth」シリーズタイヤは新車装着用タイヤとして最新のセダンからSUV、スポーティカー、コンパクトカーなど幅広いジャンルの車種に装着されている。「BluEarth」は、横浜ゴムの「環境性能のさらなる向上+人に、社会にやさしい」をテーマとしたグローバルタイヤブランド。

今回、三菱「eKクロスEV」に装着された「BluEarth-FE AE30」は、「BluEarth」シリーズの中でもスタンダードタイヤで、優れた低燃費性能を発揮しつつ静粛性や快適性、乗り心地、ロングライフ性能などの基本性能を高次元でバランスしているという。装着サイズは155/65R14 75Sだ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報