いよいよマツダCX-60の予約受注がスタート! 意外にお安い、2.5L直4ガソリンで299.2万円から

XDハイブリッド プレミアムスポーツ

マツダは6月22日に新型SUV「MAZDA CX-60」の予約受注を6月24日からスタートすることを発表した。車両本体価格は299万2000円〜626万4500円。4種類のパワートレーンと4種類のデザイン表現の組み合わせをラインナップし、幅広いグレード展開。販売開始は3.3L直6ディーゼル+モーターのe-SKYACTIV D搭載モデルが2022年9月から。その他グレードは2022年12月販売開始となっている。

●文:月刊自家用車編集部

CX-5と比べてもリーズナブルなCX-60のスタートプライス

新型SUV「MAZDA CX-60」は、マツダでは新世代ラージ商品群と呼ばれている新機軸車両の第一弾。フロントエンジン/リヤドライブという後輪駆動(FR)プラットフォームを基軸とし、4種類のパワートレーンを用意して幅広いニーズに応える。

正式な予約受注開始とともにオープンになった車両本体価格を見てみると、グレード間価格差は最廉価グレードの2.5L直4ガソリンエンジン搭載車の25S Sパッケージ(2WD)299万2000円と最上級グレードの2.5L直4ガソリンエンジン+モーターのPHEVのPHEVプレミアムモダンまたはPHEVプレミアムスポーツの626万4500円で比較すると約330万円と驚くほど幅広いグレード展開となっている。

25S Lパッケージ 2WD [写真タップで拡大]

また、完全ブランニューの新SUVということで価格も高くなると思われたが、装備差はあるものの、スモール商品群であるCX-5の2.2L直4ディーゼル搭載の特別仕様車XDスマートエディション(2WD)の車両本体価格299万7500円とCX-60の25S Sパッケージ(2WD)の車両本体価格299万2000円と比較して、逆にCX-60の方が安いという状況だ。

PHEV プレミアムモダン4WD [写真タップで拡大]

エクステリアデザインはデザインコンセプトは「ノーブルタフネス」として、力強いFR骨格やインテリアのタフなデザインの中に、マツダのデザインアイデンティティである魂動デザインの知性やエレガンスを表現している。さらに「プレミアムモダン」、「プレミアムスポーツ」、「ギャラント」、「アクティブ」という4つのデザインテーマを各グレードに落とし込んで、それぞれ個性を持たせている。

XDハイブリッド プレミアムモダン4WD [写真タップで拡大]

パワートレーンは2.5L直4ガソリンエンジン+モーターの「e-SKYACTIV PHEV」と3.3L直6ディーゼル+モーターの「e-SKYACTIV D」、3.3L直6ディーゼルの「SKYACTIV-D 3.3」、そしてCX-5やCX-8にも搭載されている2.5L直4ガソリンの改良型である「SKYACTIV-G 2.5」の4タイプで、トランスミッションはすべて自社新開発のトルコンレス8速オートマチックを採用している。

2.5L直4ガソリンエンジン+モーターの「e-SKYACTIV PHEV」 [写真タップで拡大]

3.3L直6ディーゼル+モーターの「e-SKYACTIV D」 [写真タップで拡大]

3.3L直6ディーゼルの「SKYACTIV-D 3.3」 [写真タップで拡大]

トルコンレス8速オートマチックトランスミッション [写真タップで拡大]

後輪駆動(FR)プラットフォームは、縦置き高出力パワーユニットに対応した、これも新開発の「SKYACTIV マルチソリューション スケーラブルアーキテクチャー」を採用する。サスペンションはフロントにダブルウィッシュボーン、リヤにマルチリンクを採用し、サスペンションをスムーズに動かすことにこだわり、日常シーンでの乗り心地を向上させている。

最新型マツダ ロードスター全グレードにも採用されている、ハイスピードコーナーリングにおいても一体感があり、より安定した旋回技術を実現する「キネマティック・ポスチャー・コントロール(KPC)」やシンクロした人とクルマの動きを実現する骨盤を立たせるシートサポート構造も採用する。

2021年11月に発表されたCX-5大幅改良時に追加された走行モード切替機能の「マツダインテリジェントドライブセレクト(Mi-Drive)」がさらに進化して搭載。従来のノーマルモード/スポーツモード/オフロードモード(AWDのみ)に加え、EVモード(PHEVのみ)とトーイングモード(ディーラーオプションのトレーラーヒッチを装着した25Sを除く4WD に設定)が追加されている。

i-ACTIV AWD [写真タップで拡大]

また、AWDシステムも従来型より大幅に進化。後輪駆動ベースのi-ACTIV AWDを新開発し、減速時には回生協調ブレーキと連携。前後の回生配分を最適化して効率的で安定した制動姿勢とし、高いトラクション性能と理想的なハンドリング特性を実現している。

XDハイブリッド プレミアムモダン4WD [写真タップで拡大]

XDハイブリッド プレミアムモダン4WD [写真タップで拡大]

インテリア装備では、12.3インチのフル液晶メーターやセンターディスプレイも12.3インチ(XD Sパッケージ/XD/25S Lパッケージ/25S Sパッケージの液晶メーターは7インチ、センターディスプレイは10.25インチ)となり視認性を向上。ヘッドアップディスプレイであるアクティブドライビングディスプレイは、MAZDA3やCX-30に比べ3倍に大型化し視認性と情報量を増大し、瞬読性を向上している。また、上質なサウンドを再現する「マツダ・ハーモニック・アコースティックス」の進化や幅950mm×長さ1021mmの大型パノラマサンルーフの採用など快適性も高めらた。

先進安全技術では、ドライバーの異常を検知し事故の回避と被害低減を図る、高度運転支援技術の1つとして「ドライバー異常時対応システム(DEA)」を初採用。さらに「前進時左右接近物検知機能」、「交差点事故回避アシスト機能」、狭い場所でも周囲の状況を確認できる「シースルービュー」など、マツダ初採用の安全技術をグレード別メーカーオプションとして用意している。

■CX-60バリエーション&価格

[写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報