スズキ「アルト ラパン」が一部仕様変更。懐かしさを感じる新グレード「LC」を追加


アルト ラパン LC X

スズキ株式会社は、軽乗用車「アルト ラパン」を一部仕様変更するとともに、新グレード「アルト ラパン LC」を追加。6月17日より発売を開始した。「アルト ラパン」の車両本体価格は125万1000円〜159万7200円。「アルト ラパン LC」の車両本体価格は140万9100円〜164万6700円。

●文:月刊自家用車編集部

アルト ラパン LC X [写真タップで拡大]

全車に夜間の歩行者も検知する「デュアルカメラブレーキサポート」を標準装備

アルト ラパン LC L [写真タップで拡大]

新たにラインナップされた「アルト ラパン LC」は、「アルト ラパン L」、「アルト ラパン X」をベースに、フロントマスクを中心に専用パーツを装着してイメージを一新。エクステリアには、メッキフロントグリルガーニッシュやメッキヘッドランプガーニッシュ、メッキバックドアガーニッシュ(LCエンブレム付)などを採用し、どこか懐かしいレトロで懐かしさを感じるデザインを採用している。また、上級の「アルト ラパン LC」Xグレードには、LEDサイドターンランプ付ドアミラーが標準装備されている。

アルト ラパン LC L [写真タップで拡大]

アルト ラパン LC L [写真タップで拡大]

「アルト ラパン LC」のインテリアには、ブラウンを基調したレザー調&ファブリックシート表皮や専用色のダークブラウン×アイボリーの本革巻きステアリングホイールなどを装着し、落ち着きのある空間として演出されている。また、2トーンルーフ仕様車のルーフカラーに「ソフトベージュ」に加えて、専用のアーバンブラウンが採用されている。

アルト ラパン X [写真タップで拡大]

ラパンシリーズ全体でも装備などが見直されており、全車に夜間の歩行者も検知する「デュアルカメラブレーキサポート」を標準装備とした。また、USB電源ソケット(タイプA/タイプC)を全車に追加したほか、「アルト ラパン X」には一部改良前にラインナップされていた特別仕様車「ラパン モード」と同じメッキフロントグリルやナノイーX搭載フルオートエアコン、360°プレミアムUV&IRカットガラスを追加を採用している。さらに「アルト ラパン L」、「アルト ラパン X」には、LEDヘッドランプを採用して装備を充実させ、加えて7インチのディスプレイオーディオを採用してバックアイカメラの表示やさまざまな車両情報の確認ができるようになっている。

アルト ラパン X [写真タップで拡大]

7インチのディスプレイオーディオ [写真タップで拡大]

USB電源ソケット(タイプA/タイプC) [写真タップで拡大]

標準のアルト ラパンのボディカラーには、新色の「トラッドカーキメタリック」と「テラコッタピンクメタリック」を設定したほか、2トーンルーフ仕様車のルーフカラーに「ソフトベージュ」を採用している。インテリアにはXのシート表皮に「ライトブラウン」と「ライトグリーン」が設定された。

●「アルト ラパン」バリエーション&価格

[写真タップで拡大]

●「アルト ラパン LC」バリエーション&価格

[写真タップで拡大]

●メーカーオプション価格

[写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報