伝統のラリー ツール・ド・コルスを戦った先代A110をイメージした限定車「アルピーヌA110ツール・ド・コルス75」を日本でも発売

アルピーヌA110ツール・ド・コルス75

アルピーヌ・ジャポンは、7月12日にフランス本国で先行して発表された限定車「アルピーヌA110ツール・ド・コルス75」を近日中に日本導入することを発表した。1975年のラリーツール・ド・コルスを戦った先代「アルピーヌA110」をイメージしたモデルだ。導入時期は後日発表される。

●文:月刊自家用車編集部

専用2トーンカラーをまとい、ブリリアントホワイトのグランプリホイールを装着

アルピーヌA110ツール・ド・コルス75 [写真タップで拡大]

限定車「アルピーヌA110ツール・ド・コルス75」は、ジョン トゥルヌソルとノワール プロフォンメタリックの専用2トーンカラーに専用デカール、ブリリアントホワイトのグランプリホイールを装着する。

このカラーリングは1975年のラリーツール・ド・コルスを戦った先代「アルピーヌA110」をイメージさせるカラーリングだ。

アルピーヌA110ツール・ド・コルス75 [写真タップで拡大]

地中海に浮かぶフランスのコルシカ島は、世界的なラリーの開催地としても有名で、1956年に初開催されたラリーツール・ド・コルスは、「1万のコーナーを持つラリー」と言われるほど延々と続くコーナーが特徴だ。

アルピーヌA110ツール・ド・コルス75 [写真タップで拡大]

先代「アルピーヌA110」は、このラリーで1968年、1970年、1972年、1973年と4回もの優勝を遂げているが、多くの人々の記憶に強く残っているのは、アルピーヌが激闘の末に2位となった1975年のラリーツール・ド・コルスだ。

77台が出走し、完走は22台という厳しいレースとなった1975年のラリーツール・ド・コルスにおいて「アルピーヌA110」は、ランチア・ストラトスHFと優勝争いを行い、なんと最終スペシャルステージで決着。「アルピーヌA110」は最終セクター手前で5秒から30秒の差をつけられたが、この最終戦では両者とも同タイムをマークし、アルピーヌは表彰台の最上段に32秒差まで迫ったが2位でフィニッシュというラリーだった。

この時の黄色を基調としたカラーリングは、ル・マンで優勝した「A422B」や最初のF1マシンである「RS01」にも引き継がれ、アルピーヌ/ルノーのモータースポーツ史上非常に重要なカラーとなっている。

フランス本国では6月17日に発表されており、限定150台で販売されている。日本での販売台数は不明だが、独特のカラーリングとラリーへの期待感を演出する専用デカールなどレア度はかなり高い1台に仕上がっている。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報