ヤリス クロスが一部改良、新グレードも追加

●文:月刊自家用車編集部

ヤリス クロスに2車種を追加

トヨタは、ヤリス クロスを一部改良するとともに、GR SPORTとZ“Adventure”を新設定し、8月8日(月)から発売を開始する。

今回の一部改良は、ドライブレコーダー付自動防眩インナーミラーを全車にオプション設定。またZグレードの内装色にブラックを新設定するなどとなっている。

それぞれの特別装備として、GR SPORTには剛性アップパーツやサスペンション、電動パワーステアリング制御、アルミホイール、スポーティシート&シート表皮などを追加。

Z“Adventure”には、フロント&リヤに専用バンパーを装備。ルーフレール(シルバー)や専用シート表皮(合成皮革[サドルタン]×ツイード調ファブリック[ブラック])などが装備されている。

車種、グレード価格
ヤリス クロス GR SPORT236万7000円〜275万円
ヤリス クロス Z“Adventure”233万1000円〜293万6000円


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報