スバルが、日本ライフセービング協会と「オフィシャルパートナー」協定を締結し、活動支援「ライフセーバーカー」提供を拡大

●文:月刊自家用車編集部

フォレスターなど計29台の車両をJLAおよび全国26団体の道府県ライフセービング協会に提供

「2030年 死亡交通事故ゼロ」を目指すスバルは、「水辺の事故ゼロ」をめざすJLAの想いに共感し、2020年からライフセーバーの監視救助活動をサポートするための車両として、「SUBARUライフセーバーカー」を提供している。

2022年度は、JLAのオフィシャルパートナーとして車両提供台数を拡大。フォレスターなど計29台の車両を全国23社のSUBARU販売店(※1)を通じてJLAおよび全国26団体の道府県ライフセービング協会に提供する。

「SUBARUライフセーバーカー」は、地域の巡回や安全指導、ビーチパトロールなどに活用され、一部の地域では、SUBARU販売店と協力して、心肺蘇生やAED操作方法といった知識や技能を広めるサポーター講習会(BLS※2教育体験など)も共催する。

スバルは、クルマだけにとどまらない「いのちを守るSUBARUの取り組み」を進めており、「『クルマだけでは守れないいのち』を守り、一人ひとりのいのちを輝かせたい。」という想いのもと、これからもJLAの「水辺の事故ゼロ」をめざす活動への協力をはじめ、様々な取り組みを進めていくという。

※1:北海道スバル株式会社、岩手スバル自動車株式会社、宮城スバル自動車株式会社、山形スバル株式会社、福島スバル自動車株式会社、新潟スバル自動車株式会社、北陸スバル自動車株式会社、神奈川スバル株式会社、千葉スバル株式会社、東京スバル株式会社、静岡スバル自動車株式会社、名古屋スバル自動車株式会社、京都スバル自動車株式会社、兵庫スバル自動車株式会社、広島スバル株式会社、山陰スバル株式会社、岡山スバル自動車株式会社、山口スバル株式会社、東四国スバル株式会社、福岡スバル株式会社、大分スバル自動車株式会社、南九州スバル株式会社、沖縄スバル株式会社
※2:BLS:Basic Life Supportの略 心肺停止または呼吸停止に対する一次救命処置を指す。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報