ルノー・キャプチャー E-TECH HYBRIDデビュー。フレンチコンパクトSUVとハイブリッドの相性は!?

ルノーキャプチャーE-TECH HYBRIDレザーパック

輸入車で唯一のフルハイブリッドSUVとして、センセーショナルに登場したルノー・アルカナ E-TECH HYBRIDを皮切りに、第二弾としてコンパクトカーのルーテシア E-TECH HYBRIDが登場。今回新たに、第三弾となるコンパクトSUVのキャプチャー E-TECH HYBRIDがデビューした。早速その公道試乗インプレッションをお届けしよう。

●文:まるも亜希子 ●写真:澤田和久

市街地のストップ&ゴーの減速から停止、再発進という一連の操作が一筆書きのようになめらか

キャプチャーといえば、2020年に欧州で販売されたすべてのSUVの中で、販売台数No.1を記録した人気モデル。デザインのみならずプラットフォーム、パワートレーンまで一新して2021年に日本導入されたガソリンモデルは、知覚品質や先進技術を磨き、キャプチャーが属するBセグメントではなく、1つ上のCセグメントをベンチマークとしている。それだけに、外観にも走りにも上質感があふれ、ADASをはじめとする先進の安全運転支援技術も惜しみなく搭載され、実力派コンパクトSUVとして評価が高い。

試乗車はキャプチャーE-TECH HYBRIDレザーパック。車両本体価格は389万円。写真のボディカラーはルーフが浮かんでいるように見える 2トーンのブラン ナクレM×ノワール エトワールM。 [写真タップで拡大]

ボディサイズは、全長4230mmX全幅1795mmx全高1590mm。ホイールベースは2640mm。 [写真タップで拡大]

そんなキャプチャーにE-TECH HYBRIDが搭載されたことで、燃費も輸入車SUVナンバー1の22.8km/L(WLTCモード)を達成。これはアルカナと同等の燃費となっているが、国産車と比較しても、たとえばホンダ・ヴェゼルe:HEVの燃費が24.8km/L(WLTCモード)となっているので、かなり競争力のある数値だと感じる。では、実際に走ってみるとどうなのか、市街地と高速道路で試乗した。

E-TECH HYBRIDは、F1で培ったノウハウを活用し、ルノーが独自に開発したハイブリッドシステム。メインモーターであるEモーターとHSG(ハイボルテージスターター&ジェネレーター)の2つのモーター、1.6L 4気筒自然吸気エンジン、そしてこれらを繋ぐトランスミッションの電子制御ドッグクラッチマルチモードATで構成される。WLTCモード燃費は22.8㎞/L。 [写真タップで拡大]

キャプチャーに搭載されるE-TECH HYBRIDは、基本的にアルカナと共通のハイブリッドシステム。メインのモーターとなる「E-モーター」、サブモーターの「HSG(ハイボルテージスターター&ジェネレーター)」、1.6L直列4気筒自然吸気エンジン、ドッグクラッチマルチモードATで構成されており、ここに1.2kWh(250V)の駆動用バッテリーが組み合わされる。ルノーはこのE-TECH HYBRIDで、150以上の特許を取得しているというが、とくに独創的なのがF1参戦で培った技術をフィードバックし、一般的なクラッチやシンクロナイザーを省くことで軽量・コンパクト化した、電子制御ドッグクラッチマルチモードAT。ダイレクトに減速ギアとギアセレクターの歯を噛み合わせ、変速ショックが大きくなるところをモーターでなめらかにしており、駆動力の直結も可能。モーター側に2つ、エンジン側に4つのギアを持ち、全12通りの変速比で効率よく切れ目のない動力を引き出すことができるという。

それぞれの出力/トルクはE-モーターが36kW(49ps)/205Nm、HSG(ハイボルテージスターター&ジェネレーター)が15kW(20ps)/50Nm、エンジンは69kW(94ps)/148Nmを発揮。発進時はエンジンを休ませてモーターのみで駆動し、中速域ではモーターとエンジンを最適に組み合わせ、高速域ではエンジンを積極的に働かせる。巡航中も追い越しなどの力強い加速が必要な時には、モーターがアシストをするという仕組みだ。

インパネは人間工学に基づいてドライバーを中心に考えられたスマートコクピットと呼ばれる運転席(コクピット)のデザインが特徴。 [写真タップで拡大]

そしていよいよ走らせてみると、発進直後からボディが一体となって、驚くほどの軽やかさで加速していく。市街地のストップ&ゴーの減速から停止、再発進という一連の操作が一筆書きのようになめらかで、何の引っかかりも遅れもなく、思うままに動いてくれるのがとても爽快。これは単に、瞬時に力強いトルクを得ることができるモーターによる恩恵だけでなく、切れ目なくそれを引き出すドッグクラッチの功績によるところが大きいと感じる。

2640mmというロングホイールベースの採用で快適な室内空間。E-TECH HYBRIDレザーパックは、運転席が電動シートになる。 [写真タップで拡大]

実はキャプチャーのガソリンモデルを試乗した際には、重厚感のある乗り味や、上質で厚みのある加速フィールが印象的だったのだが、キャプチャーE-TECH HYBRIDは思いがけず軽やかさのインパクトが強く、やはりアルカナより約60kg軽い車両重量と、エンジンではどうしても重さを感じさせられる瞬間をモーターがうまくカバーして、極上のつながりを実現しているのではないかと感じた。

センターコンソールは宙に浮いているかのようなデザインを採用する。そこにゲート式シフトゲートが備わる。 [写真タップで拡大]

後席は6:4で分割格納が可能。ラゲッジ床面はボードを高い位置にセットすると格納した後席と同じ高さにできる。この場合、ボード下はサブトランクとして機能する。 [写真タップで拡大]

高速道路に入ると、1.6Lエンジンが最も効率の良い高速域で生き生きと躍動し始める。日産、三菱とのアライアンスエンジンである「H16」型は、エンジンマッピングやピストン、コネクティングロッド、クランクシャフトなどがE-TECH HYBRID用に新たに開発されているというだけあって、余裕があるだけでなくエモーショナルな走りが楽しめるところも魅力的だ。

E-TECH HYBRIDはメーターに10.2インチフルデジタルインストゥルメントパネルを採用。 [写真タップで拡大]

7インチマルチメディア EASY LINK(スマートフォン用ミラーリング機能)を標準装備。USB接続によりApple CarPlayやAndroid Autoを利用可能。 [写真タップで拡大]

キャプチャーE-TECH HYBRIDには、専用装備として10.2インチのフルデジタルインストゥルメントパネルや、シフトレバーをリバースに入れると後方映像を表示するなどで後退時をサポートしてくれる、リアクロストラフィックアラートなどが加わり、パッケージオプションとしてレザーシート+運転席電動シートとなる「レザーパック」が用意されている。ステアリングヒーターや8色のアンビエントライトなど、贅沢な装備も多数標準装備で、価格は374万円(税込)から。重量税免除、環境性能割が非課税と、コストパフォーマンスも高いと感じる。

写真のリアゲートとシフトベースには「E-TECH」のロゴが入る。 [写真タップで拡大]

これはまさに、ハイブリッド大国・日本へのルノーからの挑戦状。これまでのハイブリッドとはひと味ちがう、魅惑のフレンチ・ハイブリッドだ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報