パフォーマンスを追求したヤンチャな1台、アルピーヌA110 Rを発売!販売台数に限りあり!

アルピーヌ・ジャポンは、F1を始めとするモータースポーツで培ったノウハウを活かしたエアロダイナミクス、様々なカーボンパーツの採用によるいっそうの軽量化、ハンドリングのレベルを大きく引き上げる専用シャシー等により、ラインアップ中最もラディカルな走行性能を備えたアルピーヌ A110 Rの受注を、12月1日(木)から、全国のアルピーヌ正規販売店で開始した。

●文:月刊自家用車編集部

購入申し込みは2022年12月11日まで

アルピーヌA110 Rは、F1を始めとするモータースポーツから得られたノウハウを最大限に取入れ、走行性能をさらに高めたハイパフォーマンスモデルだ。

新形状のディフューザー、スワンネックタイプのリヤスポイラーマウント、サイドスカート、エアインテーク付フロントボンネット等の採用により、エアロダイナミクスを突き詰めた結果、最高速度が285㎞/hまで引き上げられている。

[写真タップで拡大]

アルピーヌ A110 Sよりも車高が10mm低くなりロール剛性が高められた専用シャシーには、さらに10mm車高を下げることができる車高調整機能と、減衰力調整機能が付いたダンパーが組み合わされ、負荷の大きい前輪のブレーキを冷却するための前輪ブレーキクーリングダクトが装備されている。

カーボン製のボンネット、ルーフ、リヤフードに加え、フルカーボンホイール、6点式固定レーシングハーネスを備えたSabelt製軽量フルカーボンモノコックバケットシートなど、軽さと強度に優れたカーボンを車体各所に使うことでさらなる軽量化を図った結果、車両重量は1,090kgまで軽量化された。

アルピーヌ A110 Rは、受注生産プログラムにより、アルピーヌ F1チームの今期マシンA522と同じブルーレーシングマットを含む27色のボディカラー、5色のブレーキキャリパーカラー、左右ハンドル位置を、自由に組み合わせることができる。

[写真タップで拡大]

アルピーヌ A110 Rは、A110、A110 GT、A110 Sと同様カタログモデルだが、年間生産台数が限られることから、日本導入台数に応じて、期間限定で購入申込を受付ける販売方法となっている。購入申込み受付に関する情報は、ルノー正規販売店で確認できる。価格は15,000,000円。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報