適合車種はなんと490種オーバー!高画質大画面で好みのコンテンツをリモート視聴できるレコーダーリングが凄い!【Panasonic Strada】

パナソニックのAV一体型ナビ、ストラーダFシリーズがモデルチェンジ。新たに「レコーダーリンク機能」を搭載し、高画質大画面の10型有機ELディスプレイで楽しめるソースがさらに増えた。

●文/写真:浜先秀彰 ●まとめ:月刊自家用車編集部

新開発の「レコーダーリンク」機能に注目

ストラーダのフラッグシップ、「F1X PREMIUM10」は独自のDYNABIGスイングディスプレイ搭載により、10型大画面ながらも2DINサイズスペースに装着ができる高性能ナビとして人気だが、今回2022冬に新モデルが登場。適合車種を470車種以上から490車種以上へと増やすとともに、新機能の追加や好評機能の改良が施された。

注目となるのは新開発の「レコーダーリンク」機能だ。これは専用アプリをインストールしたスマホを介して、自宅など離れた場所に設置したレコーダー(対応機種に限る)にアクセスできるもの。レコーダーに録画している番組や、放送中の番組(地デジ/BS/CS)、自分で撮影して収録した動画や写真などを鑑賞できるのだ。

[写真タップで拡大]

レコーダーリンクならお気に入りの番組を旅先でも楽しめる
10型有機ELディスプレイの高画質大画面で、レコーダーリンクの映像も臨場感たっぷり。

レコーダーに収録している映像はリストで確認ができ、選択操作も簡単に行える。 [写真タップで拡大]

連携できるレコーダーはパナソニックだけではない。適合機種情報は公式サイトに掲載。 [写真タップで拡大]

スマホの通信機能を利用するため、山間部など地デジの電波受信が難しい場所でも高画質映像を楽しむ
ことができ、車内で映像を楽しむためにディスクをダビングする手間も不要となる。

そして最新ストラーダならではのHD美次元マップを収録。従来に比べて約2.4倍の高解像度で見やすく滑らかなグラフィックを展開する。そのうえルートガイド中の画面はルート上の通過ポイントやガイドポイントの車線情報が分かりやすく改良され、一段と視認性が向上した。

視認性に優れたHD美次元マップ

D市街地図では目印となる建物をリアルに描き出す。透過表現も用いられている。 [写真タップで拡大]

直近の交差点や案内交差点の車線情報もわかりやすく表示。初めての場所も迷わない。 [写真タップで拡大]

ハイレスポンスで思い通りにコントロール

静電式タッチパネルを搭載。地図上で2本指を縦に動かすと見下ろし角度を調整できる。 [写真タップで拡大]

5ルート探索は驚くほど速く、待たされる時間はない。VICS情報を活用して渋滞も考慮する。 [写真タップで拡大]

この地図データは利用開始から最大3年間の無料更新権が付帯しており、つねに新鮮な地図を使って効率的なドライブができる。

Panasonic Strada、選べるラインナップはコチラ

[写真タップで拡大]

F1X PREMIUM10
CN-F1X10BGD


10型有機EL HDディスプレイ/ブルーレイディスクプレーヤー
価格:オープン(実勢価格:26万円前後)

[写真タップで拡大]

F1X PREMIUM10
CN-F1X10GD


10型有機ELディスプレイ/DVDプレーヤー
価格:オープン(実勢価格:24万円前後)

CN-F1X10BGDからブルーレイディスク再生機能を省略し、価格を2万円(実勢価格)下げたモデル。高音質・高画質にこだわったエンタメ機能、実用性に優れたナビ機能を搭載している。

[写真タップで拡大]

CN-F1D9GD

9型液晶ディスプレイ/DVDプレーヤー
価格:オープン(実勢価格:17万円前後)

ストラーダFシリーズのベーシックモデルだが、ナビ機能や主なエンタメ機能は「F1XPREMIUM10」を踏襲。適合車種も変わらない。手ごろな大画面ならこちらが狙い目だ。

10型大画面装着イメージ

スバル フォレスター [写真タップで拡大]

トヨタ ハイエース [写真タップで拡大]

スズキ エブリィ(オフィスアムズ キャンピングカー・カスタム) [写真タップで拡大]

スズキ ソリオ [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報