【MOTAランキング】いま車買取査定が多い車種はどれ? MOTA車買取査定人気ランキング【2022年10月版】

  • 2022/11/21
  • 株式会社MOTA[PR TIMES]

※このページは、自動車関連企業等より配信されたパブリシティリリース記事をそのまま転載しております。掲載内容に関するお問い合わせ等につきましては、直接リリース配信元までお願いいたします。

いま、車買取査定を検討している方、また中古車市場にどんな車が増えてくるかを予想したい方は必見!

「モビリティテックでクリアな自動車売買の体験を。」の実現を目指す株式会社MOTA(本社:東京都港区、代表取締役社長:佐藤 大輔、以下「MOTA」)が運営する「MOTA車買取」サービス(URL:https://autoc-one.jp/ullo/)にてユーザーの方が2022年10月1日~31日に車買取査定を行なった車種別件数ランキングを発表します。

 ◆MOTA車買取査定ランキング【2022年10月版】調査概要
調査内容:MOTA車買取査定人気ランキング
調査期間:2022年10月1日~31日
調査方法:自社ツール調査 株式会社MOTAが運営する車買取査定サービスでの、ユーザーによる買取査定の依頼件数を集計
調査対象:調査期間中にMOTA車買取査定に掲載された車種すべて
※株式会社MOTAが公表する全ての調査および集計結果は、株式会社MOTAが企画し、独自に調査・集計したものです。

◆2022年10月MOTA車買取査定ランキングTOP10
1位 トヨタ アルファード(ー)
2位 トヨタ プリウス(ー)
3位 トヨタ ハリアー (ー)
4位 トヨタ ヴォクシー(ー)
5位 トヨタ ランドクルーザープラド(ー)
6位 トヨタ ヴェルファイア(ー)
7位 日産 セレナ(↑)
8位 ホンダ N-BOX(↓)
9位 ダイハツ タント(↑)
10位 ホンダ  フィット(↓)

2022年10月のトップ3は先月と変わりなく、しかも6位までトヨタ勢が上位を独占しました。第1位は、トヨタが誇るフラッグシップミニバンであるトヨタ アルファード。続いて、第2位は、ハイブリッドカーのパイオニアであるトヨタ プリウス。第3位は2020年6月に4代目が発売された都会型プレミアムSUVの先駆者であるトヨタ ハリアーと続きます。

4位は2022年1月に4代目が発売されたトヨタ ヴォクシー、5位に中古車市場で価格が高騰していると話題のトヨタ ランドクルーザープラド、6位はトヨタ ヴェルファイアと並びます。
とにかくトヨタ勢が強いです。いずれも中古車市場でも人気が高く、リセールバリューの高い車種が上位を占めています。

その中でも、10月の車買取査定ランキングで注目してもらいたいのが次の3車種です。
7位の日産 セレナ。こちらもフルモデルチェンジはまだかまだかとユーザーの期待が高まっています。前月9月の10位からさらに3ランクアップしました。

残りの2台は、9位のダイハツ タントと10位のホンダ フィットです。どちらも2022年10月にマイナーチェンジが行われ、「タントファンクロス」と「フィットRS」という新モデル追加が発表されたばかりです。

今後も、上位のトヨタ勢の頑張りは衰えそうにありませんが、7位以下の動きにも注目してください。もしかすると、モデルチェンジの噂が絶えない人気車種がそろそろ新情報の発表があるという前兆かもしれません。要チェックです。

◆1位 トヨタ アルファードの概要と最新買取相場

1位のトヨタ アルファードは、今やトヨタの誇るフラッグシップミニバン。迫力満点の大柄なボディに、ラウンジのように高級感溢れる内装を組み合わせ、そのラグジュアリー感が高い評価を得ています。基本設計は「ヴェルファイア」と共通で、縦方向に長いデザインのフロントグリルが特長的。前方からの衝突を防ぐプリクラッシュブレーキのほか、ボディ各所に障害物センサーやカメラを搭載し、車庫入れや、歩行者の多い道路の走行をサポートする「トヨタセーフティセンス」が全車標準装備。燃費の優れたハイブリッドモデルもラインアップされています。MOTA中古車検索ランキングでも第3位にランクインするほど、リセールバリューは高く維持されています。
■買取価格相場:1.8~1,172.7万円(2022年11月2日現在)
■年式別・グレード別の買取相場:https://autoc-one.jp/catalog/toyota/alphard/kaitori/#anchor

◆2位 トヨタ プリウスの概要と最新買取相場

2位は、ハイブリッドカーのパイオニアとして誕生して以来、4代に渡って進化を重ねてきたトヨタ プリウス。新設計のボディ骨格「TNGA:Toyota New Global Architecture」の採用により、思い通りの走り、さらに優れた燃費、車内の静粛性、適正化された運転姿勢など、様々な面で性能がアップされています。障害物や歩行者を検知し、衝突を防ぐプリクラッシュブレーキも搭載。プリウス初となる4WDグレードも新たに設定され、さらに人気を集めています。
■買取価格相場:1.8~250.7万円(2022年11月2日現在)
■年式別・グレード別の買取相場:https://autoc-one.jp/catalog/toyota/prius/kaitori/#anchor

◆3位 トヨタ ハリアーの概要と最新買取相場

3位は、都市型プレミアムSUVの先駆けとして1997年12月にデビューし、以来3世代に渡り独自のポジションを確立したトヨタ ハリアー。2020年6月に発売された4代目モデルでは、スタイリッシュかつたくましいシルエットの流麗なクーペフォルムの外観に、馬の鞍をイメージした個性的なセンターコンソールのデザインをはじめ、調光ガラスを用いた電動シェード付パノラマルーフをトヨタ初採用。このような室内も感性に訴える上質で心地よい空間が、ハリアーの人気を支えています。
■買取価格相場:0~341.9万円(2022年11月2日現在)
■年式別・グレード別の買取相場:
https://autoc-one.jp/catalog/toyota/harrier/kaitori/#anchor

◆今月の注目車種「日産 セレナ(7位)」

前回10位から7位にランクアップした日産 セレナは、家族のドライブに最適な大人気のミニバンです。同一車線自動運転技術「プロパイロット」を搭載し、長時間の巡航や渋滞の際、アクセル、ブレーキ、ステアリングを自動制御し、運転者のストレスを軽減してくれます。また小排気量エンジンを発電のみに使用し、モーターを動力源にする「e-POWER」搭載モデルも用意。燃費が優れるだけでなく、アクセルオフ時に強い回生ブレーキ(※1)が効くため、アクセルのオン/オフだけで容易に速度調節ができるのが特長。全方位運転支援システムを搭載し、全車が「サポカーSワイド」該当車になっています。
(※1)回生ブレーキ:アクセルオフでのエンジンブレーキや通常のブレーキによって失われる運動エネルギーを使って発電し、クルマのエネルギー効率をアップさせるしくみ。
■買取価格相場:0~277.2万円(2022年11月2日現在)
■年式別・グレード別の買取相場:
https://autoc-one.jp/catalog/nissan/serena/kaitori/#anchor

◆今後の「MOTA車買取査定人気ランキング」に注目してください
MOTAでは毎月、車買取査定人気ランキングをお伝えしています。今、自分の愛車を買取査定に出そうかと検討している方はぜひチェックしてみてください。買取査定のトレンドを見て、売り時などを予想するのにお役立てください。

■当記事のMOTA掲載URLはこちら>>>
https://autoc-one.jp/knowhow/5015538/

<MOTAが運営する「MOTA車買取査定」>


◆MOTA車買取が“2度目に選ばれる”3つの理由

  • 高額査定の買取店と交渉
  • 車の査定額が出るまでネットで完結
  • 入札価格の比較で高額買取店がすぐにわかる

引越し一括査定や車一括査定などで電話ラッシュにうんざりしたことはありませんか? MOTA車買取なら、高額査定の3社(最大)とやりとりするだけ。 概算査定額を確認後、他に気になる買取店があれば、追加でチョイスすることができます。一般的な車一括査定は「実車を見ないとわかりません」ということもしばしば。MOTA車買取なら、無料で使えて申し込んだ翌日18時に概算査定額がWEB上に表示されます。最大20社の買取店が査定し概算査定額を入札します。結果はWEBで比較でき、高額で買い取ってくれる会社が簡単に分かるので、あなたの愛車を高く売却できます。
※ご売却は任意です。

■MOTA車買取査定の詳細ページはこちら>>>
https://autoc-one.jp/ullo/

<会社概要>
社 名 :株式会社MOTA https://mota.inc/
所在地 :東京都港区赤坂八丁目5番41号 イースタン青山ビル3F
設 立 :1999年6月3日
資本金 :100百万円
代表者 :代表取締役社長 佐藤大輔
事業内容:モビリティ事業

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報