Valeo社とTeledyne FLIR社、自動車安全システム用のサーマルイメージング技術提携に合意。大手OEMとの初契約を公表

  • 2024/02/02
  • コーンズテクノロジー株式会社[PR TIMES]

※このページは、自動車関連企業等より配信されたパブリシティリリース記事をそのまま転載しております。掲載内容に関するお問い合わせ等につきましては、直接リリース配信元までお願いいたします。

業界初のASIL B対応のサーマルイメージング技術を供給

ネバダ州ラスベガス – 2024年1月4日 ― 世界的なモビリティ関連企業の主要なテクノロジーパートナーであるValeo社と、Teledyne Technologies Incorporatedの一部であるTeledyne FLIR Systems社(以降Teledyne FLIR社)は、サーマルイメージング技術を自動車産業に導入し、道路利用者の安全性を向上させるための戦略的な提携を開始しました。両社はすでに、2023年後半に世界の大手自動車OEMより、車両と交通の安全性を向上させるための新世代の先進運転支援システム(ADAS)技術の一部として、新しい遠赤外線カメラを納入する大きな契約を獲得しています。

Valeo社とTeledyne FLIR社は、ナイトビジョンADAS向けに、業界初のAutomotive Safety Integrity Level(自動車安全水準、ASIL)Bのサーマルイメージング技術を提供します。このシステムは、Valeo社の幅広いセンサーを補完し、同社のADASソフトウェアスタックに依存して、乗用車や商用車、自動運転車の夜間の自動緊急ブレーキ (AEB) などの機能をサポートします。 この提携により、車載カメラ技術の世界的リーダーであるValeo社と、サーマルイメージング技術の世界的リーダーであるTeledyne FLIR社 が連携し、自動車の安全のための次世代のマルチスペクトルセンサーフュージョンシステムを構築します。

Valeo社は、車載ビジョンシステムの幅広い専門知識を活かして、Teledyne FLIR社のサーマルビジョン技術を統合し、Valeo社製AI およびGraphical Visualizationスタックに基づく認識ソフトウェアを含む、ナイトビジョン用の完全なソリューションをOEMに供給します。

Valeo社 comfort and driving assistance社長Marc Vrecko氏:

「Valeo社は市場で最も幅広い認識ソリューションのポートフォリオを有しており、Teledyne FLIR社と協力して当社の製品にサーマルイメージングを加えることを楽しみにしています。この新しいカメラとその認識ソフトウェアは、当社の製品を補完し、ADASおよび自動運転システムの全体的なパフォーマンスを向上させ、特に夜間において、道路利用者にさらなる安全性をもたらします。」

Teledyne FLIR Systems社 副社長兼ゼネラルマネージャーPaul Clayton氏:

「Teledyne FLIR社 は、アフターマーケットの運転支援技術から自立型ロボタクシーに至るまで、自動車の安全システムへのサーマルイメージングの開発と組み込みにおいて、大きな進歩を遂げ続けています。Valeo社との提携により、サーマルイメージング技術を乗用車からトラックトレーラーに至るまで、交通機関内でサーマルイメージング技術を普及させることができ、より多くのドライバーや自動運転車の安全システムが、完全な暗闇や雑然とした環境、他の既存センサーが届かない悪天候の中でも視覚が確保できるようになります。」

交通弱者のための道路利用の安全向上について

米国のGovernor Highway Safety Associationの暫定データによると、2022年は同協会が1981年にデータの追跡を開始して以来、歩行者による死者数が記録上最も多い年となった。記録的な歩行者死亡者数増加の中でも、特に夜間に発生する事故は全体の4分の3を占めており、自転車利用者や大型動物も含んだ交通弱者を保護するために、さらなる対策が必要であることを示しています。これに応じて米国の規制当局は、夜間テストの義務化など、自動緊急ブレーキ(AEB)システムの試験基準を厳格化する規制案を発表しています。しかし、既存のAEBシステムには、低照度条件や悪天候下で生体を検出および分類するために重要な、サーマルイメージングが含まれておりませんでした。

車載評価用の遠赤外線カメラモジュール ADK2.0

Teledyne FLIR社では、車外に搭載した遠赤外線カメラを使用して夜間や雨天・降雪・霧・逆光などの悪天候下での評価をすぐに開始できるよう、IP67の防塵防水ハウジングを行ったADK 2.0を提供しています。

解像度はVGAクラスの640 x512、画角は24°/32°/50°/75°から選択可能です。インターフェースはUSB2.0/GMSL/イーサネットから選択可能で、USB出力の場合は専用のGUIをPCへインストールすることで、撮影画像をPCで直ちに確認可能です。

新しい車載向け量産モデルに関してもサンプルがございますので、デモをご希望の方は弊社担当者までお問い合わせください。

▶製品ページ 車載向け 赤外線カメラ開発キットFLIR ADK™(カメラモジュール):

https://cornestech.co.jp/product/products_boson-2-4

遠赤外線カメラ・自動運転についての最新情報は、弊社Xアカウントをチェック!


▶Teledyne FLIR@Cornes Automotive team X アカウント:

https://twitter.com/flircornesauto


Teledyne FLIR Systems社について

Teledyne FLIR Systems社は、一般・産業・軍事向けにさまざまな熱画像システムを設計・製造および販売する世界トップシェアを誇るメーカーです。製品の赤外線画像システムは、暗闇や悪天候等あらゆる状況下において赤外線エネルギー(熱)を検出して画像化する技術です。検出器、電子機器、特殊レンズなど製品の重要な部品を自社で設計、製造しています。

▶HP:https://www.flir.jp/

Valeo社について

テクノロジー企業かつすべての自動車メーカーおよび新しいモビリティプレイヤーのパートナーとして、Valeoはモビリティをより清潔で安全、そしてスマートにするために革新を続けています。Valeoは、電動化、運転支援システム、インテリアの刷新、そしてあらゆる場所における照明システムの分野において、技術と産業のリーダーシップを享受しています。これらの4つの分野は、モビリティの変革に不可欠であり、グループの成長を牽引しています。

▶HP: https://www.valeo.com/en/

コーンズテクノロジー株式会社について

コーンズ テクノロジー株式会社は、長年にわたり日本と諸外国との貿易発展に寄与してきたコーンズグループの一員で、日本産業界のニーズに合った新製品や新技術をプロモーション、マーケティング、及び販売する技術専門商社です。

世界中のパートナーと密に連携して、当社はお客様に迅速且つフレキシブルに世界最高レベルのご提案をさせて頂きます。

▶HP:https://cornestech.co.jp/

ECサイトでもご購入頂けます

当社取り扱いのFLIR社製遠赤外線カメラの一部製品は、ECサイトからもご購入頂けます。

是非以下のリンクよりご確認下さい。

▶コーンズ テクノロジーオンラインショップ:https://ctl-commerce.com/