ヴァレオ、Scala 3 LIDAR でオートモーティブニュース PACE アワードを受賞

  • 2024/05/14 10:28
  • ヴァレオグループ[PR TIMES]

※このページは、自動車関連企業等より配信されたパブリシティリリース記事をそのまま転載しております。掲載内容に関するお問い合わせ等につきましては、直接リリース配信元までお願いいたします。

4月29日に米・デトロイトで開催された授賞式において、ヴァレオのSCALA 3 LiDAR が第17回オートモーティブニュースPACEアワードを受賞しました。 この名誉ある賞は、優れた革新性、技術進歩、パフォーマンスを発揮した自動車サプライヤーを表彰するものです。

ヴァレオ・ノースアメリカ社長のジェフリー・シェイは次のように述べています。「私たちは、可能な限り最も革新的な製品を提供することで、顧客の成功をサポートすることに全力で取り組んでいます。業界をリードする当社のソフトウェア機能に支えられたこれらのテクノロジーは、ソフトウェア定義車(SDV)への移行を可能にする重要な要素です。今回の受賞を光栄に思うとともに、今後ともお客様と力を合わせて業界の発展に尽力していきます。」


SCALA 3 の高密度点群と関連するAIベースの認識ソフトウェアにより、高速道路において幅広い条件下で最高時速130kmでの自動運転が可能になります。これにより、乗用車のエンドユーザー価値が飛躍的に向上し、拡張された動作範囲でのレベル 3 自動運転や、ロボタクシーでのレベル 4 自動運転が可能になります。

ヴァレオのLiDARテクノロジーは現在、欧州と日本で許可されている唯一のレベル3乗用車に搭載されています。 2023年3月、ヴァレオはSCALA 3で10億ドル以上の受注を獲得していることを発表しました。

先進運転支援システム (ADAS) の世界的リーダーであるヴァレオは、レベル 3 自動運転用の車載用 LiDAR センサーと認識ソフトウェアを初めて量産したメーカーです。

テクノロジー企業であり、すべての自動車メーカーとニューモビリティプレイヤーのパートナーであるヴァレオは、モビリティをよりクリーンで、より安全で、よりスマートにするために、たゆまずイノベーションを行っています。 ヴァレオは、電動化の加速、ADASの加速、インテリア・エクスペリエンスの再創出とライティング・エブリウェアにおいて、技術的・工業的なリーダーです。モビリティの変革に不可欠なこれらの4分野は、今後数年間のグループの成長を牽引しています。数字で見るヴァレオ:2023年、グループの売上は220億ユーロに達しました。2023 年 12 月 31 日時点で112,700人の従業員を擁し、29カ国で175カ所の工場、66カ所の研究開発センター、20カ所の物流拠点を構えています。ヴァレオはパリ証券取引所に上場しています。