売れ筋の前後2カメラモデル! 今買いたいおすすめドライブレコーダー〈カロッツェリア-前編〉

pioneer|ドライブレコーダー|VREC-DH300D|前後2カメラ

あおり運転や事故時など、交通ドラブルの際に証拠映像を残せるドライブレコーダー。人気のカー用品だが、各メーカーから毎年新製品が発売され、どれにしようか迷っている読者も多いはず。そこで気になる製品の中から、カロッツェリアの前後2カメラモデルを実際に装着して、実力をテストしてみた。

●文/写真:浜先秀彰 まとめ:月刊自家用車編集部 ●外部リンク パイオニア

あおり運転対策もバッチリ

今回紹介する「VREC-DH300D」は2021年春にリリースされたパイオニアカロッツェリアの新世代ドライブレコーダー。最新技術を投入するだけでなく従来モデルのユーザーからの声を反映させた意欲作でもある。
 このモデルは本体内蔵フロントカメラと別体リアカメラによって車両前後を同時に撮影できる2カメラ型。現在、ドライブレコーダーの購入動機としてもっとも多い「あおり運転対策」にきわめて有効なタイプといえるだろう。
 基本機能を充実させているのが特徴で、フロントカメラのセンサーは約370万画素WQHD画質、リヤカメラのセンサーは約200万画素フルHD画質なので、きわめて高精細なのがウリ。そのうえ夜間やトンネル内など暗所に強いナイトサイトや明るいレンズ(フロントF1・4/リアF1・8)も採用しているのも特筆点だ。

フロントカメラ|WQHD|ナンバープレート|クリア

<フロントカメラ映像>
一般的なドライブレコーダーよりもワンランク上のWQHD画質を達成。周囲のクルマのナンバーや標識などもクッキリと見える。 [写真タップで拡大]

リヤカメラ|WQHD|ナンバープレート|クリア|あおり運転

プライバシーガラスの影響を受けず、明るく鮮明な映像を捉えられる。あおり運転被害の証拠も確実に押さえられるだろう。 [写真タップで拡大]

そして洗練されたルックスも見逃せないポイント。滑らかな曲面で構成された本体は表面がマットグレーで側面と背面はピアノブラックと上質感たっぷり。そのうえブラケットにGPSアンテナを内蔵することで本体をスリム化(最
薄部17㎜! )し、左右向きが選べるL字型端子の電源ケーブルで接続もすっきり。リヤカメラユニットはスタイリッシュなブラケット一体型で、取り付けやすいコンパクトサイズ。ルームミラーに映り込んでも目障りにならない。
 見やすい3インチディスプレイや大型ボタン、わかりやすいメニューで操作性も優秀。機械が苦手な人も思いのままに扱えるだろう。

VREC-300D|ドライブレコーダー|パイオニア カロッツェリア|フロントカメラ
VREC-300D|ドライブレコーダー|パイオニア カロッツェリア|フロントカメラ|画面

本体はカロッツェリアらしい洗練されたイメージ。ブラケット部にはGPSアンテナが内蔵され、電源ケーブルの接続端子も設けられている。最薄部17㎜のスリムスタイルだ。 [写真タップで拡大]

VREC-300D|ドライブレコーダー|パイオニア カロッツェリア|リヤカメラ|画面
VREC-300D|ドライブレコーダー|パイオニア カロッツェリア|リヤカメラ

リヤガラスの熱線の間隔に納まってしまうほど小さなボディ。カメラの角度調整は自由にでき、クルマに合わせて上下を反転させて装着することも可能(初期設定の変更が必要)。 [写真タップで拡大]

VREC-300D|ドライブレコーダー|パイオニア カロッツェリア|ボタン|画面

3インチの大画面を搭載し、設定操作や記録映像の再生が快適に行える。視認性も良好だ。 [写真タップで拡大]

VREC-300D|ドライブレコーダー|パイオニア カロッツェリア|ボタン|画面

右側面には操作性に優れる4つの大型キーが並ぶ。キーの役割は画面右端にアイコン表示。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

月刊自家用車WEB