【パイオニア カロッツェリア】サイバーナビ2021年モデルを発表 オンラインでスポーツやアニメの視聴ができる

サイバーナビの2021年モデル8機種が先日発表された。高速データ通信(LTE)を使った高画質、高音質な映像コンテンツが車内で楽しめるオンデマンド機能を搭載しており、他社にはないエンターテインメント性が特長だ。デリバリーは11月の開始を予定している。

●文/まとめ:月刊自家用車編集部 ●写真:パイオニア ●外部リンク:パイオニア

車内にWi-Fiスポットを設置、オンラインコンテンツが自由に楽しめる

2021年11月、パイオニア カロッツェリアは8機種の新型サイバーナビの発売を開始する。最大の特長は(株)NTTドコモの車内向けインターネット接続サービス「docomo in Car Connect」に対応し、同梱もしくは別売りのネットワークスティックを接続すれば、車内にWi-Fiスポットを設置、オンラインコンテンツが無制限に楽しめることだ。

docomo in Car Connect|Wi-Fi|コンテンツ|pioneer carrozzeria

「docomo in Car Connect」で、車内で最大5台までのスマホやタブレットの通信が可能となる。 [写真タップで拡大]

これによりYoutubeを直接再生できる「ストリーミングビデオ」や家庭用ブルーレイレコーダーの映像コンテンツを遠隔再生できる「レコーダーアクセス」など多彩な機能も搭載している。またAmazonが発売するメディアストリーミングプレイヤー「Amazon Fire TV Stick」を接続すれば、ドラマやスポーツ、アニメなど幅広いジャンルのコンテンツも大画面で楽しめる。映像を高精細なハイビジョン再生やハイレゾ音源相当の音質にアップグレードする独自技術を採用している点も見逃せない。

ディスプレイ|高精細HD|ハイレゾ

ハイレゾに加え「マスターサウンドリバイブ」機能を搭載しており、CDや圧縮音源だけでなく、ネットワーク動画やDVD/SD/USBなどの映像ソースの音までもハイレゾ音源相当に変換する。 [写真タップで拡大]

ナビに欠かせない地図データも、ネットワークスティックやWi-Fiデザリングなどを利用すれば自動アップデートが可能となり、遂に煩わしい地図更新の手間から解放された(最大3年分)。道路や施設などの最新の情報活用すれば、ドライブがもっと楽しく、快適になることは間違いない。実勢価格は17万~23万円(税込)となっている。

MapFan

MapFanスマートメンバーズ向けに、最新データバージョンアップ期間を最大3年から4年(2025年10月31日まで)に延長する特典が用意されている。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

月刊自家用車WEB